日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

起こるべくして起こっている中国新幹線トラブル

日本とドイツの技術をただで奪い取った中国版新幹線が、開業から4日間で3回もトラブルに見舞われているらしい。

致命的だったのは最高速の300キロまでスピードが上がらず、130キロ走行で走行しながら駅に到着したところで走行不能になった、ということ。

本来、300キロ走行に耐える技術は教えていないのに、中国が無理やり300キロに引き上げているのでその安全性は保障できるものではない。

コピー天国中国、日本の技術をただで奪い取るからこんなことになる。「ざまあみろ」といいたいところだが、火の粉は日本に降りかかってくる可能性がある。

川崎重工などの日本企業が受注した中国新幹線の契約条件は、それはそれは酷い内容だ。

1両編成8両を40~60編成を受注したが、このうち重要部分だけを日本から輸出し、残りの大半は中国で製造。しかも部品は7割以上が現地調達を課せられていた。

1000億円あまりの受注金額は、対中国のODAを原資していた。

酷いのはここからだ。

08年からは100%中国で製造できるように技術もただでよこせ。万一、列車事故が起きた場合は、損害賠償を日本に求めてくる、というものだ。

さらに、中国が技術を完全にコピーできた暁には第三国への輸出を認め、事故が起こった場合は連帯保証、ときたものだ。

よくもまあ、これほど酷い内容でよくも契約したものだ。

従って、今回のトラブルに関しても日本へいちゃもんをつけてくるかも知れない、ということ。

300キロ走行に耐えられない構造の車両は、金属疲労も早いかも。

今回のトラブルは起こるべくして起こっている。

世界一危険な超高速鉄道として、ギネスに認定してもらえばいい。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by りりー at 2011-07-16 15:36 x
中国の新幹線問題で以前に見たテレビ番組で、八代弁護士が第三国への輸出や、将来的な技術の提供や利益その他様々な事は、ちゃんと契約している筈ですし、そう信じたいと言ってたのを思いだしました~。その逆をしていたのですね~。お人善しにも程が有りますよね~。あの中国相手に~(笑)。
こんな話を聞いた事が有ります。ざっくり(笑)ですが~
日本が技術提供をT国、I国、そして中国にしました。T国は、こんなに立派に出来ましたとお礼に来ました。I国は、こんなに素晴らしいのが出来ました是非、見に来て下さいと招待してくれました。一方中国は~もう学ぶ事は全部学んだから帰っても良いよと(笑)ちゃんちゃん(笑)・・以上~これもTVで知った受け売りですが~。 

中国は三国志的であって~西遊記的では~ないと言う事ですね~話が全く違う方向へ飛んで落ちとします~(笑)
Commented by tetorayade at 2011-07-17 10:10
>りりー さん
中華思想恐るべし。
世界のものは自分のもの。
チャンチャン。
Commented by enutea at 2011-07-23 14:07
太陽電池製造会社MSKを中国企業サンテックが買収し、
技術を吸収したら、西瓜の種でも吐き捨てるように「プッ」と
元MSKは「倒産」
残った日本の社員は解雇、
工場は倒産したので「殻(つまり建屋)」だけ残してスッカラカン!
この状態から再起している社員の奮闘が
「ガイアの夜明け第248回」で放送されました。

で、その工場まで、私の実家から「歩いて○○分」なのですよ。
地元自治体としても、おそらく今後期待できる工場と
意気込んでいたでしょうから、
地域の「期待の星」を札束で引っぱたいて
「奈落の底」に蹴り込んだのが中国企業。

そして中国に進出した日本企業の多くが辛酸を舐めさせられて来たのが現実。
実家の傍でもこんな実例があったので、
中国企業には本当に気をつけねば!と思っています。
Commented by tetorayade at 2011-07-25 11:06
>enuteaさん
自分が儲けたかったら、まず相手を儲けさせる。これが商売の王道ですが、中国ではまったく通用しない。
by tetorayade | 2011-07-16 10:38 | 海外ネタ | Comments(4)