日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

魚の放射能汚染は無問題?

放射能汚染された牛肉が市場に出回っている、と大騒ぎしているが、そんなことよりも海洋汚染はどうなっているのか。

放射能は風の流れでおおむね福島県沖の太平洋に一番流れている。
b0017844_23462910.jpg
魚は回遊するし、魚の食物連鎖もあるので、牛肉以上に本当は魚の方が怖い気もする。

東北で被災した一部の漁港が再開した、と復興の兆しを伝えるニュースが流れている。そこで水揚げされた魚がセシウムに汚染されていましたでは、復興に冷や水を浴びせかけるようなものだ。

魚はえらや糞からセシウムなどの放射能物質は排出されるので、体内に蓄積されることが少ないらしい。よって魚は心配ない、とされているが。

しかも大量の海水によって希釈されるので、あまり心配はない、ということだ。

ということは、太平洋に放射能を撒き散らしてもそんなに害はない、ということなのか。

風向きによっては内陸部にも放射能が拡散されるが、福島の立地はある意味不幸中の幸いだった、ともいえる。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by りりー at 2011-07-15 00:20 x
今までも~大丈夫と言って現在に至っているので~怖いですよね。でも あまり過敏になり過ぎてもいけないし~難しいですね~。
Commented by いさた at 2011-07-15 15:48 x
大丈夫だとか、いやそうでないとか判断基準になる情報が錯綜していますが、結局は「影響はよくわからない」ということではないでしょうか。

とりあえず、「すぐには影響なし」とか言っておかないとパニックが広がっていくだけでしょうし。

これから時間をかけて福島のケースを調査研究していくことで、より詳しい・精度の高い知見が得られる、といった状況ではないかと想像します。
Commented by tetorayade at 2011-07-17 10:12
>りりーさん
過敏になるか、鈍感力で生きるか。
個人の判断に任せるしかないですね。危ないといえばパニックになるだけですから。
Commented by tetorayade at 2011-07-17 10:14
>いさたさん
ただちには危険とはいえない。
日本語の素晴らしさというか、白黒をはっきりさせない日本人の美徳というか。
人間、生を受けたからには、必ず誰もが迎えるのが死。どういう死に方をするかです。
Commented by enutea at 2011-07-23 14:32
過敏に成り過ぎ心理的に病気を起こすほうが怖い。
昭和20年長崎原爆や広島原爆の周辺10km~30km以上では
放射性物質を警戒したことを聞いたことがありません。
(某週刊誌が大まかなネタ元です。)
当時は「ピカドン」「新型爆弾」とは言っても
発生した放射性物質の危険性は

一般庶民では誰も知らない時でしたからね。

ある程度離れれば、
タバコの受動喫煙の方がガンに成りやすさは大きいのかも?
Commented by tetorayade at 2011-07-25 11:10
>enuteaさん
当時は情報もネットも何もない時代。そりゃ、仕方ないです。
母親は被爆者手帳を持っていました。兄弟3人ですが、上2人はガンで亡くなりました。因果関係は分かりませんが。
by tetorayade | 2011-07-15 00:03 | 社会ネタ | Comments(6)