日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

大阪も浸水する東南海M9級地震

今後30年内に起こると想定されている東南海地震で、東日本大震災級のM9の地震が起こった場合、大阪市はもとより、大阪湾から40キロも離れた北摂地域までが浸水被害を受ける、と専門家が計算したようだ。

その浸水被害の地域がこれ。
b0017844_23443127.jpg

大阪の場合、大津波が淀川を逆流して河川の周辺地域を水没させていくのだろうが、ベイエリアのWTCに庁舎を移転している大阪府庁の低層部は完全に水没してしまう。 高層階は大丈夫としても電源装置水没してしまえば建物の機能は完全に麻痺してしまう。

大阪湾から15キロ離れたJR大阪駅周辺が浸水するということは、地下鉄も全部浸かってしまう。

だからといって、大阪湾にM9でも耐えられる高さ50メートルほどの防潮提を張り巡らせるのか、ということになるが、原発を止めるように簡単には済まない。

予想される大地震に備える方法はない。

東日本大震災での津波経験がなければ、何をたわごとをいっている、で済むが目の当たりにしているだけに無視することもできない。

芦屋の金持ちは絶景を求めるだけでなく、安全地帯に住んでいるんだな。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by りりー at 2011-06-17 00:25 x
地震の他に浸水の心配も、心配で終わって欲しいです。良く考たら、地震(陸)水害(海)色んな意味で(空)の安全って揃って大事なんですよね~。
Commented by tetorayade at 2011-06-20 10:10
>りりー さん
生きているうちには来ないと思いますが、そんなことを心配していてもどうしようもならないですから。淀川をスーパー堤防にすることになりますからね。その場合。
by tetorayade | 2011-06-17 00:16 | 社会ネタ | Comments(2)