日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ユッケの死者は4人に

焼肉酒家「えびす」で死者が4人に増えた。10歳未満の子供2人に加え、40代と70代の女性2人が亡くなられた。

このお二人は実の親子で、孫の誕生日のために家族で件の店でユッケを食べたそうだ。

ユッケを扱う場合、専用の包丁、専用のまな板、ゴム手袋をして調理している店もある、という。それぐらい、生肉を出すときは菌に細心の注意を払っている、ということだが、肉自体に菌が付着していたらどうするのか? 肉を消毒して出すようなことを言っていたが、殺菌消毒した生肉なんか、逆に薄気味悪い。

それよりも、今回は菌が流通過程で付着した可能性が高くなってきた。

あの逆切れ会見は「どうしてウチだけなんだ!」という怒りでもあろう。

怒りの矛先は食肉の卸業者に向けられていたのではないだろうか。

ユッケ280円、という激安価格は、肉の品質そのものに問題がありそうな気もする。ミンチ肉なら加熱して料理するので少々変なものが混じっていても大丈夫だが、生肉はそういうわけにいかない。

死者が4人ともなれば、ユッケはもう焼肉屋のメニューから廃盤になりそうだ。厚生労働省も重たい腰を上げ生肉を出さないように指導に乗り出すそうだ。

しかし、今回の死亡事件は、どうやら同じ肉を食べて発症した可能性も出てきている。

ということは生肉がダメなのではない。その肉自体に問題があった。でなければ、長いこと生肉を食べていてこれだけ死者が続出するわけがない。

ふぐの肝を提供することは禁止されているが、四国・今治に肝を食べさせる店があった。

頑固一徹の店主の言葉がふるっていた。

「ワシは法律ができる前から肝を出していた。法律よりワシが先輩で、肝のことは一番よく分かっている」と意に介さず、禁止されている肝を出していた。

食通には舌先が痺れる感覚がたまらないそうだ。

生肉も行政指導から法律改正を経て、ふぐの肝と同様に提供が禁止されることになるのだろうか?

死者は出たが、ちょっと違うような気がする。

すき焼きで有名な松阪市の和田金には牛刺しのメニューもあるし、すし屋でも牛刺しのにぎりもある。

鹿児島地鶏の刺身なんか絶品である。

生肉の提供が禁止されれば、ユッケの焼肉業界だけの問題ではなく、飲食業界全般に広がる。

厚生労働省も悩みどころだろうが、変な法律は作らないように。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by 荒木 at 2011-05-05 12:49 x
「ユッケ」って知りませんでした、今回の事件で初めて知りました、ただ私は「熊本」馬刺し産地なので、これで生肉食生活への軋轢などが出ないことを祈りたいですし、食品を扱う業者は、たとえ徹底的に(安全管理等)
やったとしても、すべてがそうとは限らないから、一番難しい業界かなとも思いますけどね。
Commented at 2011-05-05 13:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tetorayade at 2011-05-06 10:06
>荒木 さん
熊本といえば馬刺し。本場熊本で、しかも有名な店で食べたことがあります。熊本ならではというのが、たてがみが出たことです。関西ではまず出回らない部位。
馬がよくて、牛の生食用が流通していない理由がわかりませんね。門外漢には。
Commented by tetorayade at 2011-05-06 10:07
>ryousan さん
店からは菌は検出されなかった、ということですから。販売した側もしくは流通過程。逆切れさえしなければ世間の目も変わっただろうに。
Commented by enutea at 2011-05-06 21:35 x
逆切れは、或る意味"正直者の社長"なのかもしれません。
メディアは「有る事、無い事」問い質して
そのうち「演出して」報道しますからねぇ、
Commented by とも at 2011-05-06 22:54 x
わが家は極端に外食をしない家だったので、焼肉屋に食べに行ったのは人生で3回ぐらいしかありません(いばることじゃないけど)

だから私も「ユッケ」を知りませんでした。でも私だけじゃなかったので安心しました。
Commented by tetorayade at 2011-05-07 12:02
>enutea さん
確かに「自分とこだけではない!」と訴えたかったのは十分伝わってきました。
Commented by tetorayade at 2011-05-07 12:04
>とも さん
ユッケを知ったのもこの10年ぐらいでしょうか。人がオーダーしたものを頂くぐらい。過去生では生レバーのほうをたくさん食べています。
by tetorayade | 2011-05-05 12:40 | 社会ネタ | Comments(8)