日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

蓮舫節電啓発等担当大臣まで出てきた東京ドーム阻止

蓮舫節電啓発等担当大臣までが、セ・リーグの開催日の延期、並びにナイターの自粛を求めたことに対して、巨人の滝鼻オーナーは「日程はおかみが決めることではない」と不快感を露にした。

これは日程を指図されることが不快なのではなく、ナイターの自粛=東京ドームでの開催を止めろ、といっていることへの不満であることはいうまでもない。

この電気を食う、ナイターの自粛、という言い回しは遠まわしだが、巨人主催のゲームをすべて地方球場でやれ、といっているようなものだ。

興行収入もがた落ちになる。

この政府からの再三にわたる要請をナベツネは、どう受け入れるか。野球界を牛耳ってきたドンも、ここは素直に受け入れないと、晩節を汚すことは必死だ。

電力需要が逼迫するのは、夏場である。

春は電力需要も一段落するので、ドームでも開催できるだろうが、夏場は無理だ。

電力需要がピークを迎える7,8,9月を地方球場で開催する折衷案で折れるしかない。

それが実現すれば、今年の巨人は夏場の3カ月間を地方球場で主催する死のロードとなる。

ヤクルトは神宮でのナイターの自粛要請を素直に受け入れ、デーゲームで行うことを表明している。開催できるだけでも幸せ、と思えばナイターに拘っている場合ではない。

マツダズームズームスタジアムは、計画停電の管内ではないが、ドームにしなくて正解だった。野球はやっぱり、季節を感じながら青空の下で楽しむもの。

屋外球場だからバーベキューも楽しめる、というもの。

東京ドームもズームズームスタジアム方式に改築するか?

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-24 00:27 | スポーツネタ | Comments(0)