日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

産経の入試投稿誤報の原因は記者が嫌われていた?

「産経新聞 誤報」の検索ワードでアクセス数が跳ね上がった。

そのエントリーでは「産経新聞はこの誤報記事の経緯を訂正分という短い文章ではなく、なぜ、こんな誤報を飛ばしてしまったのか、読者に対して説明する義務がある、というものだ」と指摘していた。

産経の記者もこのエントリーを読んだかどうかは定かではないが、遅ればせながら少し長めのお詫び分を3月5日付の夕刊で編集長名で出した。

それがこれ。

b0017844_1441313.jpg

新聞社にとっては痛恨の極みだといっているが、スクープが取れた、とさぞかし取材記者は、小躍りしたに違いない。

ネタ元は当然捜査関係者なのだろうが、東京の高校生という情報を流した警察は誰なのだ? よほど産経新聞の記者が嫌いで、貶めるためにわざと嘘の情報を流したのかも知れない。

ネットでは東京の高校の実名まで流れていた。その噂を記者は捜査関係者に確かめたのかも知れない。

そして、天下の大誤報へと向かう。

一度回り始めた輪転機は止まらない。

刷って、配達してしまったらもうどうにもならない。

ネットなら簡単に訂正、削除ができるが、これが紙媒体の怖さである。

編集長のお詫び文より、どうして東京の高校生になったのか、その経緯を記者から生の声で読者は聞きたい。

同じ失敗を繰り返さないためにも、情報は共有化しておいた方がいい、というもの。

警察の産経イジメがこういう結果になったのかどうか。

警察と記者の間に信頼関係が結ばれていたらあり得ない誤報である。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by enutea at 2011-03-06 09:03 x
取材は記者が単独で行うんですから
記者に先入観・偏見などによる思い込みがあれば
クロスチェックなんて出来ませんよ。
じゃあ編集が判断するって言うなら
これこそ「捏造」か「やらせ」みたいになっちゃうんで
この訂正記事そのものが出来ない事を「公約」してるんで「詭弁」の極みじゃあないですか(笑)
こんな程度の頭の持ち主が「俺が日本のメディアを操ってるんだ!」と自負心を抱いてるんでしょうから呆れてしまう。
"誤報"を防ぐには、現場記者の意識と野心を「姑息な取材は身の破滅、真面目にコツコツ取材が成功の近道」に如何にして導くか。
また新聞社の編集体制が"期限までに紙面を【埋める】"具合になってるんじゃないのか?
「やっつけ仕事」でスクープばかり追わせていないか?
これもまた真面目にコツコツ編集する原則を忘れちゃ居ないのか?
確かに読者は他人より速くいろいろな情報を欲しがるが
それは「確実」でないと、情報の根本が揺らいでしまう
この点についてもこの"訂正お詫び記事"はピンボケの表現しか成されていないのが残念。
こりゃ産経新聞の組織の刷新と組織構造の改善が必要なのでは?
Commented by りりー at 2011-03-06 09:08 x
この事は、単に産経新聞と警察間の問題だけでは、無く、無実の人を晒して、叩くと言う事に発展する可能性も有ったのかな。と思うと、とても怖い事だと思います。特定するなら、もっと、責任を持たないと謝れば済む問題では、無くなると思います。
Commented by 問題はこれから大きくなる at 2011-03-06 19:11 x
新聞の正式な「おわび」は無署名の社告です。
あれは当番編集長の反省コラムに過ぎませんね。
http://d.hatena.ne.jp/sankeiaidokusya/20110306
 
 
Commented by tetorayade at 2011-03-07 00:57
>enutea さん
記者が特オチを最も恐れる一方で、今回は各社が取材に押しかけている中で、特ダネでも狙ったんでしょうかね。
それで、わざと嘘の情報というか、この記者が嫌いで、記者が「東京の高校生ですか?」という質問に首をタテに振って、誤報を書かせた、としか思えないほど、杜撰な取材です。
最終的にゴーサインを出したのは夕刊の編集長なので、責任は編集長がかぶるにせよ、クロスチェックしてもこの世から誤報は消えません。

Commented by tetorayade at 2011-03-07 01:00
>りりーさん
ネットでは犯人は学○高校と実名まで出ていて、それが正しいかどうかをこの記者は追っかけていて、それを警察に確認取材していた、ということなのかな?仮にネット情報に頼っていたとしたら、これが大問題。
Commented by tetorayade at 2011-03-07 01:01
>問題はこれから大きくなる さん
朝日のサンゴ事件とまでは行かないまでも、東京の高校生2名は恐らく特定していた、と思われます。とんだ濡れ衣を着せさせるところでした。
by tetorayade | 2011-03-06 06:38 | 社会ネタ | Comments(6)