日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

40万の補正下着の怨念がダイエットを成功させる

40万円の高額補正下着は、体をうっ血させるだけでとても使える代物ではない。締め付けによって体は痣だらけ。このまま使い続けたら、体調を壊すだけ。とてもダイエットにはつながらない。

この会社を紹介した友達を恨みたくなる。40万円を何とかして取り戻そうとリベンジに燃える。

最初に試したのがお茶やリンゴダイエットだった。1カ月続けて2~3キロは痩せるが、胃が荒れ、唇が切れてくる。偏食がたたったのだろうか。以来、この手の方法は断念する。

そんな時、日本で爆発的にヒットしたのがビリーズブートキャンプだった。食事療法だけでなく体を動かすことも必要と考え、ビリーと食事のカロリー計算しながら、食事の量を減らしていった。

これに、カフェコロン、という腸内洗浄も取り入れる。お尻からコーヒー成分の液体を入れて、腸内をきれいにする。これだけでもダイエット効果ある、という。

体を内側と外側から変えるためにこの3点を継続する。

ビリーを始めた頃は10分がやっとだった。毎日続けることで、それが15分、20分と徐々に時間が延び、1カ月で基礎編の60分がクリアできるようになる。

その後の応用編、腹筋編もそれぞれ1カ月でクリアできるようになり、時間がある時は90分のブートキャンプを続けられるようになる。

効果は3カ月目から現れる。

足の贅肉が取れ、おなか周りもすっきり。鎖骨が出てきたときは、感動に一人ごちた。

80キロの頃はピザが大好物で、冷蔵庫にはラザーニャやグラタンの冷凍食品が大量に詰まっていた。

夜7時以降は食事をしない。その代わりカロリー内なら好きなものを食べた。炭酸ジュースやピザは摂らないようにした。

腸内洗浄の効果として吹き出物がどんどん消え、シミまでも消えた。

後はひたすら継続することだけを心がけたが、時には辛くて、誘惑に負けそうになることも一度や二度ではなかった。

心が折れそうになった時は、40万円の補正下着の悔しさと、80キロの自分の写真をバネに乗り越えた。

太るのに2年、痩せるのに1年8カ月かかったが、体重は以前の45キロに戻った。

服のサイズはXLから7号へ。靴のサイズは24センチから22.5センチへ。

体重が元に戻り1年半が経過したが現在はリバウンドもない。腸内洗浄は今はやっていないが、ビリーは今でもたまにやっている。

人気ブログランキング
[PR]
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りりー at 2011-03-01 12:30 x
ビリーズブートキャンプは、あれだけ運動したら確かに痩せるって思えるきつさですよね。腸内洗浄は、ちょっと想像して見ましたが、勇気が要りますね~。人には、決して見られたくないな。ただ内側と外側から変えると言うのには、共感します。
Commented by tetorayade at 2011-03-02 00:14
>りりーさん
すごいかっこうでやっているんでしょうね。
絶対に見せられない。浣腸とはまた別物なんですかね?でも腸内をきれいにする、というのはなんとなく分かります。
Commented by kakushinn at 2011-03-02 00:18 x
やりますねぇ。
やりましたねぇ。

「つまり、意志が強く実行できる人。」ですね。
Commented by あべ at 2011-03-03 18:25 x
「太るのに2年、痩せるのに1年8カ月かかっ」て、「体重が元に戻り1年半が経過したが現在はリバウンドもない。」のなら、この話は5年半前から始まる話?その話を予告無く前後半に分けた2部構成にして、3日間の間隔を空けて掲載したのはどういう理由?前半の2年の話が掲載された時点では現在進行形的な感じでしたが?
Commented by tetorayade at 2011-03-04 00:08
>kakushinnさん
やるときは意思を強く持てば、実行できます。それがなかなかできないから痩せられない。
Commented by tetorayade at 2011-03-04 00:10
>あべさん
唐突なテーマーが唐突に出てきたからそう感じるかもしれませんが、特に意図はありません。
by tetorayade | 2011-03-01 10:10 | 社会ネタ | Comments(7)