日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ラジオで聴く渡部陽一はイライラがピークに達する

パソコンで仕事をしているときは、ラジコを聴きながらパソコンに向かっている。

毎晩、午後11時45分になると渡部陽一が登場してくる。ニッポン放送の全国ネット帯番組「渡部陽一 勇気のコトバ」がそれ。

受験生を応援する5分番組なのだが、ラジオで渡部陽一を聴くときほどイライラするものはない。

あのねちっこい語り口で喋られたのでは、虫唾が走る。5分も我慢できないぐらいだが、そういう時は原稿書きに集中するようにしている。

テレビに出るのは去年まで。戦場へ行く渡航費を稼ぐだけ稼いで、今年はテレビから消えるものと思っていたのに、一向に戦場へ行く気配がない。

命と引き換えに戦場へ行って撮影した写真を売るよりも、テレビのバラエティー番組に出ている方が、文化人ランクのギャラでもよほど儲かるだろう。

普通にしゃべったら商品価値はないのかも知れないが、それって悲しいことではないか。

渡部陽一のしゃべりを不快に思っている人は何割ぐらいいるのだろう?

人気ブログランキング
[PR]
Commented by バッキー at 2011-01-26 09:24 x
「普通にしゃべったら商品価値はないのかも・・・」
確かにそうですね。キャラ作り、一旦逆風が吹くと一気にアンチに変わりますから。

本人の人気低下が原因なのか、「戦場のカメラマン」で検索するとうちのブログも同じページに出てきます(笑)
Commented at 2011-01-26 12:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 荒木 at 2011-01-26 20:53 x
戦場カメラマンという奴ですか・・・・
たぶん安全な場所にいて、悲惨な写真を撮って、「戦争反対」などと訴えるものでしょう。それ自体実際戦場の中で兵士たちの苦悶とかを撮るとかの努力などをやっておらず、子供たちの表情とか、何てことない、子供利権とか、子供を使った売り込みというやつですよ
彼がもし撮るならば「親を戦闘で殺され、引き裂かれんように泣いている子供たち」でしょうけれども、撮れないでしょうね。死んだ先輩戦場カメラマンとかは、そういうのを撮っている、命と引き換えに・・・・。
Commented by tetorayade at 2011-01-26 23:48
>バッキーさん
ギャラが安いから使いやすい。ただそれだけのことかもしれませんね。話す内容に内容がないのに。
Commented by tetorayade at 2011-01-26 23:55
>ryousanさん
この前、演歌の方が絶対上手いといわれました。ま、最近の歌にはついていけませんが。いつか聴かせましょう。
こってりラーメンが食べられない、というのは私もです。京都の天下一品のこってりは最初は旨いと思って食べましたが、今はダメです。体が受け付けません。
基本的には博多とんこつです。
Commented by tetorayade at 2011-01-26 23:59
>荒木 さん
戦場カメラマンとバラエティー。この組み合わせがどうも受け付けません。戦場では普通の口調でレポートしていますしね。
私もアフガニスタンへ行って絶対安全地帯から戦地の様子を撮影すれば、戦場カメラマンと名乗れる。
Commented by モミタ at 2011-01-28 11:09 x
あの話し方を聞いたあとのプレゼンは、あの口調になります。(^^;;
by tetorayade | 2011-01-26 00:18 | 社会ネタ | Comments(7)