日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

涙、涙では終わらせなかったアースマラソン、寛平の芸人魂

年上の人に対しても平気で呼び捨てにするが、寛平に対しても寛平と呼ばしてもらおう。

地球1周するアースマラソンに挑戦中の寛平が、きのう(20日)の現在地が加古川だった。それはラジオを聴いていて知った。

そろそろ大阪へゴールする日が近い。そのスケジュールをネットで探そうとしたけど、そのままにしていたら、21日(金)だった。

夕食時にテレビをザッピングしていたら、寛平が走っている姿が大きく映し出された。時すでに遅し。調べていたらカメラ片手に現地に向かう気はあったのだが。

大阪城公園内にある音楽堂が一つ目のゴールだった。

現地には雨上がりの宮迫らが寛平を待ち受けていた。

世界1週を達成しながら、宮迫の髪の毛を見て寛平が発したことばが「2年みーへん間に髪の毛増えたな」。

感動のゴールシーン。さっきまで目を真っ赤に腫らしていた宮迫も、感動が薄まるもの。

芸人宮迫はすかさず切り替えした。

「頭皮までシャンプーしてくれるスカルプDを使っているので」

商品名を出していいのか、と思ったら番組スポンサーだった。ということは、寛平はその辺の計算もあっての無茶ぶりだったのだろう。

本当のゴールはここではなかった。

最終ゴールは、シークレット会場とされていたが、ナンバグランド花月だった。

大阪城からナンバまで最後の力走になる。

ここでシンガーソングライターでもある息子の歌が流れる。それを聴きながら走る寛平は、涙で顔が歪む。

その感動的なシーンを最終ゴールのナンバグランド花月で待っている総合司会のさんまが、寛平に感想を聞くとなんと、ギャグで返してきた。

これにさんまがブチ切れる。

芸人寛平は、24時間テレビのマラソンのように、感動の涙、涙では終わらせたくない想いがある、と見た。

さんまも泣いてはいけない、という寛平以上に強い思いがあるのだろう。寛平が泣いたり、とんでもない場違いなギャグで返したりの応酬に、涙を堪えるかのように、とにかくいつも以上に切れまくる。怒っているように映る。

さんまに一番似合わないのは涙だ。

一方のライバル紳助は、感動の涙を売りたがる。そのアンチテーゼもあればこそ、さんまがここで泣くわけにはいかない。

最後、グランド花月にゴールしてもギャグの応酬だった。

寛平の妻も、本来なら寛平と抱き合うところだが、さんまと抱き合ったり、とお涙頂戴で終わらせなかった。24時間テレビの日テレ制作なのに、そこは読売テレビかんでいるだけのことはある。

現代人は、感動で泣きたがっている人が増えているのに、最後まではぐらかしてくれた。

人気ブログランキング
[PR]
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 荒木 at 2011-01-22 20:41 x
立派です。でも、複雑でもあります。
2年かけて4万キロを、足で、ヨットで、行けたのは
すごいです。
ただ、僕自身のマラソン観は違います、40でもいい記録を狙う、寛平さんのようないわゆるチャリティ、あるいは感動を見せるというようなものではない、
僕自身は42.195キロ以外(100キロマラソンとかありますが)は挑戦したくはないし、他の人が同じ
地球一周ランをやってもすごいとは思いません。
勝つ(試合に勝つ、弱い己に勝つ)以外にマラソンは使いたくはありませんし、私自身お金で走れといっても走りません、私の走るという行為は、今自分の力を身に付ける、あるいは、自分の力を試合などで結果を出す以外には使いたくはありませんし、地球一周って、箱根を走った連中は誰でもできますが、彼らは何かしら「人に感動を与えるために走っている」わけではない、どうも間さんが走っている間、「なんかイヤだな」と思った自分です(この前マラソン大会に出ましたが、いい結果が出なくて、それで今も反省し、また次のレースで結果を出すために走ってますが、彼の地球一周しました、ハイ、感動してくださいとは大きく違います。)
Commented by tetorayade at 2011-01-23 00:02
>ryousanさん
順調というか、自分で自分にエンジンをかけてみました。後はこのやる気をいかに維持するか。これが結構難しい、というかついつい心が折れてしまうことがありますね。

コメントとはいえ、けっこう勇気がいることを書いていますよね。その想いはやはり伝えないと相手に伝わりませんから。

随分伝わっています。グイグイ伝わっています。
Commented by tetorayade at 2011-01-23 00:05
>荒木さん
かなりタイムを気にするマラソンランナーだったんですね。
私は昔、昔、10キロの大会に2回出て終わりました。引っ越した現在の地が走る環境でもなかった、と理由をつけて止めてしまいました。
記録はどれぐらいなんですか?
Commented by ajisai at 2011-01-23 11:46 x
私は毎日1時間歩くのが精一杯なので、走るなんて途方も無いことだと思っているから尚更でしょうが、いろいろとラジオとか聞いていると、間寛平さんは、感動させてやろうなんて思いだけで走っていたのではないと思いますよ。
ただただ、目立ちたいだけで走っていたとか(定かではありませんが)
まあ~、そうでないと、こんな2年間走りきるなんてこと出来ないと思います。
私は素直に凄いなあ~と思いました。
それをサポートした元マネジャーさんも凄いなあ~と思いました。
Commented by tetorayade at 2011-01-24 00:33
>ajisaiさん
ランニングは膝や腰によくないのですが、適度に走るのはいいんでしょうかね。灼熱の砂漠地帯を走ったようですが、カメラが24時間回っていることはない。
ま、そんなことはいいっか。
感動を売りたがるのは日テレと紳助。
目立ちたいだけで走る。寛平らしくて素晴らしい。
by tetorayade | 2011-01-22 00:40 | 社会ネタ | Comments(6)