日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

引退から2年、目標を見失った男、清原

プロ野球を引退して2年、男清原がPL学園の野球部の同級生と25年ぶりの再会を果たした。
b0017844_134532.jpg


当時のPL学園には中学校ではエースで4番打者、という兵ばかりが全国から集まった。あまりの強さにプロ野球予備軍とまでいわれた。
b0017844_0594442.jpg

31期生。清原と同級生でプロへ進んだのは5名。後にも先にも一度にプロ指名を受けたのはこの時の5名が最高だった。

この年は逸材を輩出した年だったことが分かる。

清原には忘れ物があった。それは担任の先生に贈る色紙に清原の名前だけが書かれていなかった。意中の巨人軍に指名を受けなかった入団騒動で、それどころではなかったからだ。25年ぶりに宿題を果たした。
b0017844_125539.jpg

現在42歳。厄年でもある。

プロ野球時代は常にスポットライトを浴び続けてきた清原に、現在大きな悩みがある。

本人曰く「巨人で打てなくてボロクソにいわれていた時よりも今の方が苦しい」。

日刊スポーツと専属評論家の契約を結んでいるようだが、スポーツ紙のギャラでは高が知れている。放送局との専属契約を結んでいないので、野球解説の出番もない。現役時代に比べれば、給料は格段に下がっているはず。

現役時代の貯えはあるだろうが、現在はフリーターのようなものだ。

それが「苦しい」という発言につながったのではないだろうか。

同級生の中には、補欠で甲子園では出番のなかった選手がパチンコ業界で販社の社長をしている人もいた。

その人の言葉が印象的だった。

「同等かちょっとでもいいから何かで(清原に)勝ちたい」という言葉の裏には一国一城の主になった自信が表れている。

コーチや監督として球界復帰を目指しているのかもしれないが、現在の清原は目標を失っている。

「PLの経験は俺の人生で絶対負けへん、という根性を叩き込まれた。将来また夢を持ちたい。また力を貸してください」と同級生には本音を吐露する。

フィールズの山本会長のコネでスロットの販社でも立ち上げる?

人気ブログランキング
[PR]
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by とも at 2011-01-11 20:26 x
元西武ファンのオバサンです。
西武在籍最後の年のお正月に、清原の握手会に行きました。あとにも先にも西武での清原の公式な握手会はこれっきりだと記憶しています。本当にステキでした!髪はサッパリ短く、服もおしゃれでさわやか。靴は高そうなスエード。今のようにヤクザっぽい感じはゼロでした。

何でこんなんなっちゃったのかなぁ・・・。

わが家の家宝は清原のサイン入りレオ人形ですし。
Commented by tetorayade at 2011-01-12 00:28
>ryousanさん
プロ野球選手は一握りのスター選手は、10~20年で一生分の給料を稼げたとしても、残りの選手は引退後が長い。
掛布は哀れでしたね。自己破産に近いものがあった。解説ではたいしてカネにもならないでしょうし。
ところで、お住まいは関西ですか?
Commented by tetorayade at 2011-01-12 00:30
>ともさん
熱狂的西武ファンでしたね。球団非公認マンガを描いているぐらいですもんね。
清原がおかしくなったのは、肉体改造をしてからですね。フィールズの山本会長が変なことでも教えたのかな?
by tetorayade | 2011-01-11 01:26 | スポーツネタ | Comments(4)