日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

コンビニが駆逐する町のパン屋さん

とある取材で町のパン屋さんに行った。中学校の正門前に店を構えて30年になる。

パン屋を始めたきっかけが面白い。

店の主人はクルマのセールスマンだった。その時の客がパン屋さんだった。

「これからは手づくりパンがうける」と勧められて、脱サラでパン屋を開業することを決意する。

顧客の店で1年半の修行を経て、30年前、32歳の時に自分の店を持つ。

当時、手づくりパンは珍しかった。

焼きたての美味しさ、さらには中学校の正門前、という立地条件が相まって、瞬く間に人気店となった。

中学生が昼食用にパンを買って学校に行った。

店の前には朝から中学生たちの長蛇の行列ができた。その行列を見て「美味しいパン」の噂は瞬く間に口コミで広がり、店は大いに繁盛した。

開業して15年間ぐらいは、本当に儲かった、という。

中学校の前に店を構えたことは「われながら最高の場所を選んだ」とほくそえんだ。学校がある限り店は潰れることはない、と信じて疑わなかった。

「運動クラブに入っている子らは、食欲旺盛で1人で1000円分のパンを買ってくれた。昼過ぎにはパンも売り切れた」と主人は述懐する。そう、述懐なのだ。

15年前から徐々にパンが売れなくなってきた。

「昔は500円分ぐらいは買ってくれたのに、最近の子はパン1個という子が増えた。こんなんで、お腹が持つのか、と聞くんですがね」

個人のパン屋の敵は、近所に増えたコンビニだった。

コンビニならおにぎりからパン、お菓子まで何でも揃う。コンビニで中学生の買い物は完結してしまう。

コンビニが潰しているのは個人のタバコ屋だけでなく、パン屋にまでその触手を延ばしてきていた。

取材に行った時間は夕方5時過ぎ。

店には結構パンが残っている。
b0017844_22475430.jpg


「昔ならこんなにパンが残ることもなかったんですがね」といいながらサンドイッチから菓子パン、調理パンをみつくろってお土産にしてくれた。

レジの前で立ち話でノートを広げながら主人の話しを聞いていた。

その光景を見た、客の女子中学生の2人連れが「何?何?テレビの取材?」

テレビカメラもないのにテレビの取材もないだろうに。

でも、取材ということは分かったようだ。

中学校の前なので中学生がいる限り「店は安泰」という方程式が通用しなくなったことを肌で感じ取っている。それほど最近の子供の嗜好が変わってきている。

パソコン、ケータイ、コンビニという便利の三種の神器が、現代人をみょうてこりんに変えていっている。

人気ブログランキング
[PR]
ものは考えようと思いますよ。中学がそばだから「需要がある」というのは視野が狭い、たとえば私の知り合いの「パン屋」さんは、インターネットでオーダーメイド
をして客を呼んでいるし、それにうちの熊本のサッカー
チーム「ロアッソ熊本」では、店頭販売して、すぐに売り切れます、たとえば「対戦相手」の特需品をパンの材料として「売っている」おかげさまで黒字だそうです。
ものは考えようと思いますけどね・・・・。

Commented by tetorayade at 2010-12-12 00:54
>荒木 さん
30年前はネットもない時代。学校の前は最高の立地だったことは間違いありません。最近の子供の食生活の変化にはついて行けないようです。
ネットで手軽にモノが買えることで、店や商店街が寂れる。ネットの便利さの裏には必ず、何かが犠牲になるんですよね
Commented by くあ at 2010-12-12 02:04 x
「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず…」。無常。
Commented by tetorayade at 2010-12-14 00:44
>くあ さん
世の中の流れには抗えないですね。魚ではないので流れに逆らっても疲れるだけ。
by tetorayade | 2010-12-11 00:01 | 社会ネタ | Comments(4)