日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

斉藤祐樹と大友愛

人気だけは今年のドラフトの目玉だった早稲田の斉藤祐樹投手。でも、プロの目から見るとすでにピークを過ぎたピッチャーだという。

斉藤を1位指名したのは、ヤクルト、ロッテ、日ハム、ソフトバンク、と斉藤人気で観客動員を目論む球団ばかり。

確かに大学通算30勝、300奪三振を引っさげてのプロ表明。数字は立派だが、東大相手とか救援を受けての勝ち星とか、中身があまりよくないらしい。

東京六大学野球で優勝のかかった慶応の一戦は斉藤が先発しながら、初回からホームランを打たれ2-1で慶応の勝ち。日ハムのドラフト1位氏名以降の勝利を飾ることはできなかった。

斉藤本人は巨人を希望していたようだが、高校3年から大学1年にかけてがピークだった斉藤には常勝軍団には不要だったのか?

野球選手、中でもピッチャーの寿命は分かりにくいものだが、世界バレーを見ていて驚いた。

できちゃった婚で、バレーボールの世界から引退していた大友愛が先発メンバーで出場しているではないか。

結婚して姓が山本に代わったが、馴染まないので大友で書く。

大友が活躍していたのは2005年。そう元フジテレビの菊間アナがNEWSの内ら未成年に酒を飲ませた事件が発覚して社会問題に発展したあの時だ。

大友は会場となった仙台のコートを縦横無尽に駆け回っていた。一方、女子バレーのサポーターとして応援に来ていたNEWSのメンバーは、試合後の打ち上げで、酒に酔って公園で大声で叫んでいたところを住人からの通報で警察に保護された。

未成年者に誰が酒を飲ませたのか、と辿ったら菊間アナだった。

もう5年も前の出来事だ。

出産から2年後に現役復帰を果たし、今年3月から日本代表チームに召集されていた。まだ28歳。

まだまだやれる。

ピークの時に出産して引退しながらも復帰後、再び全日本へ入れる、ということはそれだけ力があるということの証明だが、斉藤もプロの手厳しい評価を蹴散らすためには1軍で活躍するしかない。

人気ブログランキング
[PR]
ご存知かと思うが菊間千乃はその後、CXを退職して司法試験に合格した。こっちの方がスゴイ気がする。びっくりした!
Commented by tetorayade at 2010-11-02 00:33
>近未来豪遊さん
夜間法科大学へ行って猛勉強をしたようですね。立派です。
by tetorayade | 2010-11-01 00:38 | スポーツネタ | Comments(2)