日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ダイワロイネットという選択

いつもは東横インが常宿の社長が、ロイネットに変更した。それで福岡出張では社長と同じロイネットに泊まることになった。

建物はまだ真新しい。料金はシングルで1万円ほど。

これがその場で会員登録すると6500円にまで一気に下がる。

ビジネスホテルにしては高い1万円の料金設定だが、部屋を見てすぐに納得した。

シングルルームなのにキングサイズ級のダブルベッド。ロングデスクにディレクターズチェア。地デジ対応の液晶テレビは26型。

バスルームも広々。バスタブは足が伸ばせるサイズ。加湿器や空気清浄機まで付いている。

ビジネスホテルよりもワンランク上。

ポイント付き会員カードがそのまま部屋のキーになるアイデアもいい。

東横と同じような料金で、シティーホテル並みの部屋と設備。東横の安普請な部屋とは訳が違う。東横の売りである朝食サービスがあっても、誰がどう考えてもロイネットを選択する。

しかし、ロイネットの弱点は数の少なさ。東横のようにまだあちこちにはないこと。

ビジネスホテル業界の激戦ぶりが、ロイネットに泊まってみてよくわかった。ワンランク上の設備、品質を東横並みの料金に下げて提供する、ということは建築コストを落とすことで実現したのではないだろうか?

あまり宣伝しすぎると、自分が泊まりたいときに満室、ということもあるのでほどほどにしなければならない。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by 九龍 at 2010-10-27 01:34 x
おすすめいただきありがとうございます。
東横の質が低すぎるだけのような気がしますけど。
ワシントングループやドーミーイングループも結構いいですよ。

ダイワロイネット、部屋は良さそうなのですが、大阪は立地が主要駅から離れているのが、残念です。
Commented by tetorayade at 2010-10-28 09:44
>九龍さん
昔はワシントンファンでした。ポイント貯めて1万円のキャッシュバックがあったので。
ビジネスホテル業界もワンランク上の部屋を安く提供する時代に入っているんですね。特に後発で立地が悪いとなるとそういう差別化が必要に。
by tetorayade | 2010-10-26 00:12 | 社会ネタ | Comments(2)