日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ナゼ、窃盗犯はヴィトン心斎橋店を狙うのか?

この高級ブランド店のセキュリティーはどこがやっているのか! 関係者でなくとも一体何をやっているんだ! と怒りがふつふつとこみ上げてくる。

ルイ・ヴィトン心斎橋店が、1月に引き続き、またしても窃盗にあい、バッグ40点あまりが盗まれた。

1月は窓ガラスを割って店内に侵入して900万円相当の被害を出した。今回は正面ドアの鍵をバールのようなもので壊して店内に侵入した。

犯行時刻は午前5時過ぎ。まだ薄暗いが、町は動き出す時間帯。ちょうど犯行に及んでいるところを通行人が目撃して警察に電話した。しかし、犯人は車に乗って東方向に逃走した。

犯人は3人組で、1月と同一犯と見られている。

しかし、大胆だ。

早朝とはいえ、大阪を代表する繁華街。

犯人は立地条件を熟知している。ルイ・ヴィトンから長堀通りを渡るとシャネルもあるのに、狙うのはヴィトン。いくら犯人が大胆とはいえ、狙うならやはりヴィトンだろう。

長堀の北側はビジネス街なので早朝、御堂筋を歩く人もほとんどいない。

一方の南側はまさに心斎橋筋商店街。朝までやっている飲食店やカラオケボックスもこっちに集中している。

さらに、逃走経路。

シャネルの前だと、御堂筋を南下するしかないが、長堀ならそのまま直進するか、堺筋を北上、松屋町筋を南下するなど選択肢が多い。

で、ルイ・ヴィトン心斎橋店と契約している警備会社はどこ? 

機械警備をものともしないこういう窃盗犯には、機械警備がいかに無力か、ということが分かる。

警報が鳴って警備会社が現場に到着したときは、すでに犯人は逃走した後。2回もやられると抑止力にもなっていないことが実証されてしまった。

窃盗犯の心理からセキュリティーが厳重なところは狙わないものだが、犯人は日本人ではないような気がする。

1回目の時に警備会社を変えたのか、それともそのままなのか。

2度あることは3度ある。

機械警備ではなく常駐警備するしかない。そこまでしないと責任が果たせない。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by バッキー at 2010-09-30 12:30 x
「機械警備ではなく常駐警備するしかない。そこまでしないと責任が果たせない」

ダメです。店先に銃を構えたガードマンがいる諸外国ならイザ知らず、丸腰で常時警備したら「命」が・・・。
そんな事になったら、盗難にあった責任よりも責任重大かと。
盗難保険も、多分人的被害までは補償していないはずです。


盗難保険でカバーされちゅうんでしょうね。
Commented by tetorayade at 2010-09-30 23:34
> バッキー さん
被害は保険金で支払われるとしても、警備会社の存在が、このケースでは抑止力にもなっていないことに憤りを感じます。
Commented by 近未来豪遊 at 2010-10-01 21:51 x
美豚は日本では中学生でも持っている人気ブランド。盗んでも右から左へ捌けるのですよ。間違いなく正規もんですから。シャネルと比べると人気度は遥か上   俺はいらね
Commented by tetorayade at 2010-10-03 23:38
>近未来豪遊さん
ブランドバッグや宝石に価値観を見出せない。それだけ、まだ貧しい生活をしている、という証でしょうね。
by tetorayade | 2010-09-30 08:42 | 社会ネタ | Comments(4)