日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

賞味期限3カ月の人気タバコ26万個の行方

タバコを吸っていたのはセブンスターが100円時代。従って、現在のタバコの値段を知らない。

10月1日からのタバコの値上げ話も興味ない。

そんな折に1本の電話が入った。

「倒産品で大量のタバコがある。売り先を探して欲しい。どこか知りませんか?」

詳細を聞くとマイルドセブンやマイルドセブンライト、セブンスターなどが計26万個。ただし、賞味期限は3カ月しか残っていない。

いわゆる訳あり商品だ。

今回の値上げでマイルドセブンは1箱300円から410円、セブンスターは300円から440円になることを初めて知った。

これだけ、大量のタバコを一括で買い取ってくれるところを探している。

タバコを扱っている業者のところに電話してみた。

「もう1週間早かったら買ったかもしれない。でも、買いだめの予約が終わったところで、ウチではさばけない。そもそも3カ月の賞味期限では扱うところは少ない」

賞味期限がネックで、あっさりと断られた。

では、短い賞味期限でいくらなら買い取るのか、聞いてみると「半額」。

賞味期限が短いと150円に買い叩かれる、ということだ。

これだけの量を一括購入できるのは、あの大手チェーンしかない。各店舗に分配すれば1店舗で1000個ほど。1000個のタバコなんて賞味期限を待つまでもなく、すぐにはける。

カートン買いでもOKなら270円でもみんな飛びつくことだろうが、売主にすればそんな面倒なことはやってられない。

タバコを吸わない人間からすればどうでもいいことだが。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-09-24 01:30 | 社会ネタ | Comments(0)