日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

菊間元アナの司法試験合格で思い出すあの事件

久しぶりに菊間元アナの名前を聞いた。

元アナというぐらいだから、フジテレビを退社していたことすら、忘れられた存在になってしまっていた。

アナウンサーはテレビに出ていないとすぐに忘れられてしまう。

そういえば、フジテレビ在職中から弁護士資格を取るために、法科大学へ通っていた、ということをこのニュースを読んで改めて思い出した。

司法試験に2回目の挑戦で見事合格したようだ。38歳のチャレンジ。拍手を贈りたい。

女子アナには30歳定年説がある。

寿退社か独立か。

最近は、結婚、出産してもアナウンサーを続けるケースが多い。司法試験以上に難関なアナウンサー試験を突破して、晴れてアナウンサーになったのだから、定年まで働きたいのだろう。

ましてやフリーになって独立しても、今は外注費カットでなかなか仕事は回ってこない。

菊間元アナが世間を騒がせたのは、今から5年前だった。

NEWSのメンバー2人を菊間アナが飲み会の席に呼び出して、酒を飲ませ彼らが泥酔。未成年飲酒が社会問題にまで発展してしまったあの事件。

フジテレビは当初1週間の謹慎処分としたが、当時の村田国家公安委員長が処分が「甘い」との見解を示したことから問題が広がりをみせた。

これに対してフジテレビは1週間を「当分の間」~「未期限」に改め、菊間アナだけでなく上司ら7人の減給処分を発表した。

さらに、この問題に参戦したのが、テレビ東京の菅谷定彦社長。

菊間アナに対して「法律を犯したのだから厳罰を望む」と発言。菊間アナはサンドバック状態で叩かれた。

村田公安委員長は「警察は(飲酒の場に同席したフジ社員を)聴取したのか」とも発言。

こうなると警察としても動かざるを得ない。

で、宮城県警は菊間アナを事情聴取することになる。

その結果、菊間アナが内を呼び出した時点で、すでに酔っ払っており、菊間アナは内に飲酒を勧めておらず、未成年者飲酒禁止法上の監督者には当たらないと判断して、立件は見送られた。

4カ月あまり菊間アナはブラウン管から消えることになるが、復帰を発表したフジテレビに対して「時期尚早」の批判的意見が2日間で1220通も寄せられた。

 「自分が辛い状態にあったとき、弁護士さんの『大丈夫だよ』という一言に救われた」と菊間元アナ。

このときのことが弁護士を目指すきっかけになったことは間違いない。

「人を勇気づけ、励ますことができる弁護士になりたい」というように、立派な弁護士さんになって欲しい。

人気ブログランキング
[PR]
女子アナって、「玉の輿し」と狙っているとばかりイメージされ、実際は「可愛ければいい」あるいは写真週刊誌で「チラ見(パンツのラインや胸元を盗撮まがいで掲載される)される」その寿命は短い、その反動か、結婚できなかったら「お局」よろしく邪魔者扱いされる、
あるいは最近は「悲劇のヒロイン」とお涙頂戴のネタ扱いされてしまう。でも、菊間元アナは、自分の力で逆境を乗り越えた、えらいことは確かですが、そんな女性は数少ないし、それに司法試験に合格したって、今では「弁護士」でも(弁護士間競争で敗れるなど)仕事が回ってこないなんて、ある
果たして彼女の今後は・・・、まっガンバレと言いたい
Commented by tetorayade at 2010-09-11 23:30
> 荒木さん
知名度で仕事が来る可能性はあります。独立した頃にどれぐらいの人が彼女を覚えているかですが、かなりの知名度はあると思います。後は実力。
by tetorayade | 2010-09-10 09:48 | 社会ネタ | Comments(2)