日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

平松市長にイチャモンを付けずにはおれない橋下知事

橋下知事と平松市長の仲は、もはや修復不可能なところまで来ている。

地味で目立たない平松市長が、初めて市民が関心を持つ計画を発表した。大阪地下鉄の1駅間の料金を現行の200円から100円に値下げするように、大阪市交通局に指示した、という。

短距離移動を100円で促すことで、キタやミナミの放置自転車対策の一環にする狙いもあるようだ。

これにさっそく噛み付いたのが橋下知事。今や完全に犬猿の仲になっている。

「地下鉄の利用者は市外の人の方が多い。1駅区間だけ乗ることはない。市外の人が恩恵を受けることは少ない」と批判を展開した。

市内を自転車移動していた経験者からいわせれば、市内の移動こそ自転車に機動力に勝るものはない。

100円になったからといって、自転車派が地下鉄に切り替えることはない、と断言していいぐらいだ。

駅から駅の間を移動しているのではなく、目的地は駅から離れていることが多い。駅から目的地まで歩くことを考えれば、最初から自転車で移動する方が断然早い。

心斎橋~ナンバ間は心斎橋をぶらぶら歩く楽しさもある。

地下鉄1駅間100円は平松市長が大阪市の財政にダメージを与える、天下の愚策になりそうな気配がしないでもない。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by いさた at 2010-08-25 16:50 x
梅田~淀屋橋の一駅区間は中之島や京阪の利用など、それなりに利用者はいると思いますが、それ以外の区間ではどうでしょうね。

大阪市職員が恩恵を受ける?
Commented by tetorayade at 2010-08-25 23:47
>いさたさん
なるほど。梅田から市役所へ通勤するのにね。でも、これは交通費の手当てが出ているので、恩恵とはちょっとニュアンスが違うような。差額をネコババするなら別ですが。
by tetorayade | 2010-08-25 00:49 | 社会ネタ | Comments(2)