日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

物言わぬペットの病気がおしっこで分かる

ついに商品が完成した。

商品名は「ユリアン」。英語でおしっこの意味らしい。
b0017844_2152789.jpg

ステック状の試験紙にペットのおしっこをしみこませ、色の変化をコンピュータが分析。糖尿やタンパクなど10項目の異常が分かるという測定器。

物言わぬ動物の健康管理ができる。ペットを飼っている人には朗報だ。

商品は完成したが、販売はこれから。
b0017844_0121365.jpg

このブログをペット業界の人がどれぐらい読んでいるか、分からないが、ブロガーイベントで知り合ったペット業界の人に、この商品の感想を聞きに行った。

すると、教えられたのは驚愕の事実だった。

ペット業界はピンきりということは分かったが、コンピュータの導入率が極めて低い業界である、ということを知らされた。

その人はペット業界歴22年。自分でペットショップを経営する傍ら、専門学校の講師をしたり、本を書いたり、ペットショップの経営コンサルタントをやったり、商品の卸をしたりと、八面六臂の活躍をしている。

この機械はあくまでも端末でこれをコンピュータにつなげなければならないのだが、ペット業界ではコンピュータを買うところから始まる、という。

どんな業界でもパソコンの1台ぐらいあると思われているが、ことペット業界に関しては違うらしい。

それは以前、本人が必要性を感じて顧客管理のソフト開発を手伝っていたが、コンピュータの導入率の低さで頓挫してしまった、という業界。

しかも、ペット業界で働く人は、人とのコミュニケーションがうまく図れない人が多いらしい。電話が取れない、人の接客ができない、という人たちがペット業界に流れてくるらしい。動物なら話をしなくてもいいので、ペット業界の美容師になる人もいる、という。

そういう業界にあって、こうした機械モノは非常に扱いにくい商品だ、という。

コンピュータさえ扱えないのに、さらにハードルが高い。

極めつけは獣医のペットショップ化で、ペットショップと獣医は最近は対立関係にあるそうだ。

ペットの飼い主が一番嫌がるのがペットを獣医に連れて行くこと。特に保険をかけていないと、かなりの高額な費用が発生するため。

検査によって病気が分かり、獣医に診てもらう、というのがこの検査機の本来の役割なのだが、これをペットショップに置いて、検査するということは顧客を獣医に奪われる恐れがあるからだ。

最近の獣医は、サプリメント系のペットフードも販売しており、こういう病気にはこのサプリメントフード、というようにペットショップの領域を荒らしにかかっている、という。

中には、ペットの美容院まで完備している獣医もいる。

曰く、例えば、心臓の弱い犬をペットショップでシャンプーすると死んでしまう。それよりも獣医のところで安心できるところでやりましょう、とペットシップの領域をどんどん侵食している。これを獣医のペットショップ化と呼ぶらしい。

病気と分かって、獣医のところに行ってしまえば、その分顧客を獣医に取られてしまう恐れがあるので、敵に塩を送るような商品は、ペットショップは扱わない。

さらには機械モノは面倒くさい。

では、これをペットショップで個人向けに販売するとなると、定価7~8万円もするようなものは売れない、というのがその人の見方。

個人で買うには高いから、ペットショップに置いてもらって検査、と考えたのだがその考えどおりにそうコトは簡単には運びそうもない。

それよりもドッグカフェに置いて、自分で検査して、自分で判断する方がまだいい、というアドバイスをもらった。ただ、このドッグカフェそのものは、ペット業界の人間が仕掛けたものではなく、IT業界だったらしく、どんどん潰れて行っているのが現状とか。

ここは原点に返って人様を対象に販売チャネルを考えた方がよさそうだが、テルモが尿検査キットを販売している。これはコンピュータが判断するのではなく、色の変化を人間の目視で判断。

試験紙だけなので価格競争にならない。

検査履歴などのデータ管理は得意中の得意でこれで差別化を図るしかないのだが…

人気ブログランキング
[PR]
魅力的な商品ですね!

でもペット業界がそんな状況とは…なんとも残念っす!
Commented by 一本足すと幸せ! at 2010-07-13 22:38 x

我が家のワンちゃんがなくなって、この夏で3年になります。
我が子のように可愛がっていた娘はワンちゃんにしがみついたままでしばらく沈黙が続きました。区役所に問い合わせたら、「ビニール袋に包んで持ってきたください」と言われて「嫌だ!絶対嫌だ!!」と、泣きじゃくっていました。あの世の幸せをねがって、お寺で納骨埋葬に読経をすませました。猛暑日でしたが喪服のひとが大半で、我が家のような普段着姿はまばらでしたね。何と厳かな慰霊祭なのかと関心をしていましたが、お経が始まると、辺りからすすり泣く声が聞こえてきました。娘も忍び泣いていました。18年の生死苦楽を共にした記憶がいっきに蘇ったのでしょう。

僕も幼児の頃に可愛がっていた犬が、ある日、突然に「犬殺し」に連れていかれました。「ジョン!~ジョン!~~~」と叫びながら、鉄格子に隔離されて走る車を、弟といっしょうに、夢中に追いかけたことを昨日のように覚えています。あれから、幼い心にも犬はもう飼わないと決めていたような気がします。それがなぜ、また悲しい思いを娘がしているのでしょうか。娘と暮らした18年・・・いつも元気をくれてありがとう!
Commented by tetorayade at 2010-07-13 23:47
>だひんちさん
個人で検査用に買うにはちょっとお高い。ペットショップはこんな面倒な機械モノは扱いたがらない。
何とかブレイクして欲しいのですが、いい販路はないですかね。
Commented by tetorayade at 2010-07-13 23:59
>一本足すと幸せ!さん
18年は長生きでしたね。長ければ長いほど別れはつらいものです。ペットの健康管理は飼い主としては気になりますか?
私も子供の頃田舎で雑種を飼っていたことがありますが、1~2才で病死しました。田舎で獣医もいないような環境で、なすすでもありませんでした。
Commented by チワこ at 2010-10-10 23:43 x
ぜひうちの愛犬もやってみたいです。
尿検査、良いですね。
幾ら位なのでしょうか?
Commented by tetorayade at 2010-10-11 00:06
>チワこさん
本体価格はスキャナーとソフト、検査試薬がセットで8万円ぐらいだった、と思います。
チワこさんはサプリメントを扱っているようですが、そのサプリメントが効いているかどうかも、尿検査で分かると思います。セットで販売したらいいのではないでしょうか。
by tetorayade | 2010-07-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(6)