日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

この夏親孝行するなら…

上の子供が小学生だったから、かれこれ15年ほど前になる。

正月よりも、断然、夏に帰省することが多かった。故郷は瀬戸内海の島。両親を連れて海でバーベキューをするためだ。

大人4人、子供3人が乗って、バーベキュー道具一式を満載。ワンボックスカーは、大勢が乗っても楽に移動できる大いに役立った。

子供たちが海で泳いでいる間に、バーベキューの支度をする。

潮風と瀬戸内海の風景が一体となって、磯でするバーベキューの味は格別なものがあった。

両親は夏の訪れと共に、孫たちが帰って来るのを心待ちにしていた。

ただ、残念なのは車を運転しているのでビールが飲めないこと。

都心から車で2時間ほど。西日本からすると随分、遠い場所にある福島県いわき市のスパリゾート・ハワイアンは、車を運転してきたお父さんも、ビールを飲みながら寛げる滞在型のリゾート。

ドーム6個分の敷地に5つのテーマパークが隣接するハワイアンリゾートは、親子3世代でも楽しめる施設がある。

昼間はおじいちゃん、おばあちゃんは温浴施設、

親子はプールで遊ぶ倒す。
b0017844_22171551.jpg

夜は家族みんなが揃って美味しい食事を堪能した後は、

フラガールショーを楽しんで、お泊り。

屋内型なので天候を気にすることなく休日を満喫できる。

西日本から福島は遠すぎるが、高速道路1000円を利用すれば、旅行がてらに親孝行ができる。

親孝行するのは親が生きている間しかできない。

それは、得てして親が他界してから気づくものだ。

[PR by ブログタイムズ]

人気ブログランキング
[PR]
>潮風と瀬戸内海の風景が一体となって、磯でするバーベキューの味は格別なものがあった。

僕の上の子が小さい時ですが・・・
東京の奥多摩の氷川(町営)でキャンプをしたことが、ひょっとした場面で思いだされますね。
川辺にテントをはって、マキで火をおこしてハンゴで炊くご飯は、なぜかドキドキ感があって、焦げ臭くてもおいしかったですね。近所の駄菓子屋から買った打ち上げ花火も、点火させては、すぐに離れてドキドキしながら行き先を見届けたことは・・・後から考えるとどこもいっしょの風景でしたね。もうそんな季節なんですね。
Commented by tetorayade at 2010-07-07 00:47
>一本足すと幸せ!さん
あの頃の夏の思い出を思い出すたびに、
人生が二度あれば♪
井上陽水の歌が悲しく響いてきます。
by tetorayade | 2010-07-06 00:20 | ブログタイムズネタ | Comments(2)