日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

新党「たちあがれ日本」は自民党定年議員の受け皿だった?

鳩山邦夫の自民党離党の本当の理由が面白い。

次の参院選で自分の息子を自民党から立候補させようとしたが、参院のドンともいわれている青木幹夫から公認をもらえなかったことに腹を立てて出ていってしまったのが真相のようだ。

鳩山新党を立ち上げるにしても人望がありそうもないので、難しそう。それなら与謝野新党へ合流しようとしたが、平沼に蹴られた。

与謝野にしても70歳定年制を敷く自民党では先がないので、自民党を出て行ったのが真相。やっと新党の名前が「たちあがれ日本」に決まった7日、新党の政党要件である国会議員5人以上に滑り込んだのが、自民党を離党した参議院議員の中川義雄は71歳。

当初は与謝野新党といわれていたが、いつの間にやら平沼新党になったが、自民党の70歳以上の定年議員の受け入れ先がこの新党だった、ということのようだ。

総裁選で与謝野氏を擁立した後藤田正純が「新党へ行くことは絶対にない」と断言したのは、ロートル議員の受け皿だということが分かったため。

平沼グループの城内実が平沼新党に合流しないのもそのため。

若手議員には完全に見放されている。

平沼にしても、小泉が引退したため本来は自民党に戻りたかったようだが、70歳定年のハードルがある。

ここで、国政復帰を狙っているのが、石原慎太郎知事?

新銀行東京問題や築地市場の移転問題でホトホト疲れているようで、最後は国会議員で一花を咲かせたい?

都知事の後釜を狙っているのが舛添要一。

自民党の総裁になるか、都知事になるか二者択一中、というところか?

「たちあがれ日本」とは70歳以上の元自民党議員の姥捨て山のようなもので、まるで自分たちを鼓舞しているかのようだ。

エロ拓や姫のトラ退治で負けた片山虎之助らが「たちあがれ日本」から立候補するんだろうな。

虎之助は地元岡山では絶大な力を今でも持っているのだろうか?

老人党に日本の将来を託すほど、国民もアホではない。

人気ランキング
[PR]
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-04-08 19:19 x
虎之助は地元では「テレビにばかりでてちっとも地元に帰らない」と言うのが敗因だと言われてます、なんだか判ります、そこに悲鳴じゃない「姫井」の付け入る隙があった、地味な地元周りをして選挙活動をすべきでした、姫井氏は次回は当選する確立は低いでしょうが同じくらい虎之助も無いでしょうただ、、ただ「自民党養老院」とか「立ち腐れ日本」とか「立ち枯れ日本」とか言われてますのでいつまで持つのか疑問ですね。
Commented by tetorayade at 2010-04-09 01:04
>ざんぶろんぞさん
姫井が落ちるのは当然としても、虎之助の神通力ももはやありませんか。
じゃ、自民かといえばそうでもない。
ダークホースはやっぱりみんなの党か。
Commented by 近未来豪遊 at 2010-04-09 21:09 x
たちあがれ・・・・・
老人の願望にしか思えません。

エロ拓はもしかすると現役かも(笑)
Commented by 荒木 at 2010-04-09 22:49 x
名前がダサい(ダサいも死語か)
Commented by tetorayade at 2010-04-10 00:13
>近未来豪遊 さん
恐らく、死ぬまで現役だと思います。
下もこれだけ元気なんだから、まだまだやれます、とでもアピールするのだろうか?
Commented by tetorayade at 2010-04-10 00:14
>荒木さん
名付け親がよくない。老人を鼓舞するように聞こえる。
by tetorayade | 2010-04-08 05:02 | 社会ネタ | Comments(6)