日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

真央悔しい銀

悔しい銀。

狙っていたのは金メダルだったので、メダルを獲得しても本来の弾けんばかりの真央ちゃんスマイルはなかった。

これで、河合俊一のメダル予想が男子スピードスケートの銀、銅メダルに引き続き、全部的中したことになる。当たらなければよかったのに、あさパラでは鼻高々だろう。

オリンピックという会場の空気に呑まれることなく、平常心で、いつも通りの演技を披露できるかどうかだった。

浅田真央同様、国民からの金メダルの期待を一身に背負ったキム・ヨナも重圧はあったが、それをもろともせず、パーフェクトな演技でまとめた。

完璧な滑りを見せたキム・ヨナのすぐ後で、浅田真央の演技が始まった。

トリプルアクセルを序盤で2回も成功させての滑り出しだったが、どこかに緊張感、硬さが残っていた。素人が見ても分かるミスが中盤で立て続けに起こる。

中でも、かかとのエッジが引っかかってジャンプできなかったこの時点で負けが決まった。

たとえ、2つの気になったミスがなかった、としても世界最高得点をマークしたキム・ヨナとの点差は埋めることはできなかった。浅田真央の完敗である。

金メダル至上命令だったため、8位入賞した鈴木明子の喜びようとは対照的だった。

素人目に思うことが、完璧な演技でも8位入賞が関の山だった鈴木明子と2つのミスを重ねながらも銀メダルだった浅田真央の違いである。

それは手足の長さ。

浅田真央のように手足が長いと見栄えがするが、鈴木選手のように手足が短いと印象度が随分変わる。ジャッジはこの辺の見た目に手心は加えているのか、いないのか。

これで日本のメダルは銀2、銅1の計3つに終わった。

一方の韓国は金6 、銀4、銅 1の計11。大きく水を空けられたものだ。

冬季オリンピックではこの10数年韓国に完敗だ。兵役を免除されることも強くなる要因。落選が続いたが冬季五輪の開催国に向けてまた立候補するようだ。

そのためにも、メダルの実績が欲しい。

また、陸上競技と違って黒人選手がいないため、体格の劣るアジア人でも世界一になれることは韓国人選手が実証するまでもなく、これまで日本人選手がそのポジションにいた。

国民の妹とまでいわれたキム・ヨナ。

金メダルの重圧ははるかにあったはずだが、それに見事に応えたキム・ヨナの方が技術面だけでなく、精神面でも一枚上手に成長していた、ということであろう。

クレオパトラになりながら、あまりメダルを期待されることもなく、浅田真央の陰に隠れ、最初から最後まで安藤美姫の存在感が薄い大会であった。

人気ランキング
[PR]
Commented by とも at 2010-02-27 10:34 x
私は世間の人たちほど女子フィギュアに思い入れがなかったのですが・・・

銅メダルだったのに多くの人の記憶に残るジャネット・リン(またトシばればれ)の例もありますし、みんなの心に残る「銀」になったのではないでしょうか・・・。
Commented by 荒木 at 2010-02-27 11:37 x
どうかな・・・・
見ました。僕としては「後半」ミスが大きいような気がして、
「銀」よりも「銅」ではないかと懸念します。(ちなみに銀は、カナダの
期間中に「母親」がなくなった選手。)
でも「よく」やったことには変わりありませんし、躍動感はありました
仕方ないですね。圧倒的に「キム ヨナ」が強かったに過ぎない
誰も攻めないとは思いますが。それでも「銀」は仕方がないにせよ
「金」出ないとダメというのはあまりにも「酷」過ぎる。

でも嫌なのはタレント・文化人が「浅田選手」に感動をもらったと言うコメントをすること、じゃあんたたちは何者かい、あなたたちは「浅田選手」よりもしたならば、タレントとしての肩書きなんてないじゃんと
言いたいのですが・・・・

(なんか、テレビタレントよりも、オリンピックなどのスポーツ選手の
方が、えらくなったようで、それでいて「タレント」さんの方が、誰でも
なれて、ちっともえらくなくなりつつあるような・・・。
Commented by zeon at 2010-02-28 00:07 x
鈴木明子と浅田真央の差は、他にもスピード、バレエ的な超柔らかい手の動きが出来るかできないか等色々ありますよ。技術的にもレベルが違いすぎる。

私的には、真央とヨナのレベル差はあるけれども、この2人だけ別世界に行っているかのように他の選手を大きく引き離しているように感じられ、真央とロシェットの点差が少ないのが不思議に思う。ロシェットはお母さんが亡くなったばかり、というので同情点をもらっているのではないか?

東アジアの美少女2人は、ものすごく引き締まっているので、動きがきれるきれる。

その次に引き締まっているのが安藤美姫。安藤のジャンプは最初ユルッと回り初めて急加速する。真央やヨナの様に最初っからキュルキュル回れるよう練習したら、この人は4回転いけるのではないか?
Commented by enutea at 2010-02-28 11:14 x
いや~、日本人のフィギアスケート素晴らしくなりましたね。
1992年のアルベールビルオリンピックの伊藤みどりさんが滑ってた記憶では、
ジャンプは素晴らしかったんですが後方に滑るとき腰を突き出したような感じが強く、
外国勢に比べに比べ「もう一つ」という印象でした。
時が過ぎ、今年のバンクーバーオリンピックでは、フリーで浅田真央さんのミスはあったにせよ、日本選手勢の素晴らしい演技が見れたと思います。
特にショート終了時の浅田選手の笑顔、「これは!」と観ている私も嬉しくなるものでした。
今後、各選手が、何を目標にし、どのように頑張るかは判りませんが、いろんな大会で悔いの残らないよう競技してもらいたいと思います。
出来れば、毎回競技終了後に「全力が発揮できた♪」という満面の笑みを見たいものです。

Commented by tetorayade at 2010-03-01 00:45
>ともさん
やっぱり興味の対象は野球ですか?
だんだんともさんの性格が分かってきたような気がします。
Commented by tetorayade at 2010-03-01 00:49
>荒木さん
荒川静香はオリンピックキャスターとして引っ張りだこ。そのほか村主とかもタレントになったかのように解説者席のポジションを確保していました。
Commented by tetorayade at 2010-03-01 00:52
>zeonさん
アジア系スケーターが頑張りましたね。
というか日本人が国籍を変えたり、日系アメリカ人が日本国籍を取得して日本代表になったり。
スケートの環境を整えたらもっと優秀な選手が出てくる。でも、金のかかるスポーツですね。
Commented by tetorayade at 2010-03-01 00:55
>enuteaさん
伊藤みどりに比べて、浅田真央は格段に手足が長くスタイルがよくなった。その結果、見栄えがいい。
採点にはこの見た目のルックスが心理的な影響を与えなければいいのですが。
Commented by enutea at 2010-03-02 23:32 x
日本人の体型は本当に変わってきましたね。

足のスネと大腿部の長さが長い!

何時だったか街の中(家の玄関口)で
半袖体操服+短パンの小学生(高学年)が
何か落し物でもしたんでしょうか
足を伸ばしたまま
背中を曲げて前屈のような
格好をしてたのを見かけたとき
「高足蟹」
という単語が私の脳髄から大脳皮質に駆け巡りました。
ほんとヒョロヒョロしてる体つきに手足は長くて・・・蟹でした。
Commented by tetorayade at 2010-03-02 23:55
>enuteaさん
畳に座る文化がなくなってきた証拠でしょうね。正座なんかしていたら足が伸びるわけがない。
短足世代の子供はやはり遺伝なのか悲しい結果です;
by tetorayade | 2010-02-27 00:08 | スポーツネタ | Comments(10)