日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

すり傷だらけの織田選手のスケート靴

運動選手にとってパフォーマンスを引き出してくれるシューズは命だろう。

しかし、練習で履き潰していくわけだが、フィギュアスケートのシューズも履き潰していくものとは、思いも寄らなかった。

靴底が磨り減らないので、ブレードを取り替えるものと思っていたが、日本人男子初の銅メダルを獲得した高橋大輔選手で1カ月で履き潰す、という。

ジャンプやステップなど過酷な動きでインナーもへたってくるのだろう。

演技中にまさかの靴ひもが切れてしまった織田信成選手。
b0017844_9493039.jpg

元々ひもは切れていたが、感覚が変わるので切れたひもを結んでいた、という。

ひもが切れたのなら新しいものと取り替えればいいぐらいに思われるが、フィギュアースケート選手にとって、ひもの締め具合一つでも演技に影響を及ぼすということのようだ。

ひもが切れたことにも驚いたが、オリンピックの晴れ舞台のスケート靴が、傷だらけだったことにもっと驚かされた。

練習で何度も何度も転倒した結果できたすり傷だろう。

でも、ひもの件で納得したが、織田選手はブレード交換で靴を大事に履いているということ?

人気ランキング
[PR]
Commented by とも at 2010-02-20 17:28 x
自分の責任というか、気の毒というか・・・。
とにかくこんなことを防ぐにはどうしたらいいんですかね?
大会の2、3週間前ぐらいに思い切って新しいヒモにしておくとか?
アイススケートは「手すり」専門の私には想像もできない世界です・・・。
Commented by MILK at 2010-02-21 21:34 x
>ブレード交換

これは磨ぐことが多いのです。
磨ぎの専門家が居て、いまは4000円で磨いでくれます。
(NHKで長年解説していた元選手の五十嵐文男さんがかつて私の顧客でした)
Commented by tetorayade at 2010-02-21 23:13
> ともさん
切れたひもを結んで使っていた、というのは自己責任といえば自己責任。ひもの締め具合のちょっとした感覚がジャンプに響くんですかね。
コンマの世界です。
Commented by tetorayade at 2010-02-21 23:14
>MILKさん
幅広い交遊録に脱帽。それが人にはない発想につながるわけですね。
Commented by そもんれいすう at 2010-02-22 23:32 x
高橋大輔選手の靴ひもも切れそうだったのですが、高橋選手はそれに気付いていたも「切れたら切れた時のこと、それも運命…」と思ってそのままにしていたらしいです。
ところが、それに気付いていた長光歌子コーチが「靴墨を塗るから」とシューズを預かり、高橋選手に内緒で黙って替えておいたらしい。
高橋選手は、全く気付かずに演技して銅メダル。
人間の感覚は鋭いようで案外鈍い。
というか、知らないでいれば意識しないで済むこと、知っているが故に意識をしてしまうということを、世界レベルの人間ですらコントロールできない、ということに驚きました。
Commented by tetorayade at 2010-02-23 00:16
>そもんれいすうさん
勝負脳を鍛える必要がありますね。確かに感覚がちょっとでも違うといつもの滑りができないかも知れませんが、靴ひもぐらいの微妙な感覚が違ったぐらいでも気にしない図太さと、そんな些細なことに関係なく俺は勝てる、と思い込む精神力を鍛えることですね。
Commented by zeon at 2010-02-23 21:16 x
高橋大輔のひもも切れているって、知らなかった。
織田信成は、もうちょっとずぶとくなって、次回ソチにチャレンジしてほしい。

織田信成って、細い人だと思っていたのに、生足を見たら意外とごっつい足をしているんだな、と思った。鍛えているんだから当然か?

フィギュアやアイスダンスを見ていると、私も氷の上でクルクル回ってみてえと思っちゃいます。友達と一緒に滑ってきます。
Commented by tetorayade at 2010-02-24 00:04
>zeonさん
高橋のひもも切れていたけど、こっそり交換。
高橋はシューズに靴墨を塗って手入れするけど、織田はそういう手入れはしない。この差は何?
名古屋なら浅田、安藤選手が練習しているリンクで滑れるわけですか?
Commented by zeon at 2010-02-24 00:32 x
高橋もべつに自分で靴墨を塗ろうとした訳じゃなく、コーチが靴墨を塗るからと言ってこっそりひもを交換されていた。それに高橋本人は気付かない。
つまり、高橋も織田も本人は靴にこだわっておらず、高橋側はコーチが靴に気を使っていた。それがメダル取れた取れないの差?

名古屋で滑るなら、たぶん浅田、安藤の練習してる名古屋スポーツセンターでしょうね。
名古屋にはもう1つ通年営業してるリンクがあって、邦和スポーツランド。こっちは鈴木明子が所属してます。
名古屋って、すげえな。
Commented by tetorayade at 2010-02-25 01:28
>zeonさん
コーチでしたか。
織田にしろ、コーチにしろ靴の傷は気にならないんでしょうね。それよりも履き心地。織田は通常の選手が3ヶ月ぐらいでシューズを変えるのに対して、1年は履く。だからあの傷なんだということが分かりました。
浅田は中京大学のリングでしたね。
スケートリングがあるから選手も輩出できる。
by tetorayade | 2010-02-20 10:12 | スポーツネタ | Comments(10)