日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

危機一髪

金曜日は新幹線が止まって大変なことになっていた。架線切れで3時間半も3000人あまりが新幹線に閉じ込められ、遅れは最高4時間21分、14万9000人に影響が出た。

間一髪とはこのことだ。

この日は東京から来阪するA社長をR社に紹介する日だった。アポは午前11時半。

新大阪駅で待ち合わせて先方へ向かう段取りだった。

A社長は新大阪駅の待ち合わせ時間を20分も早く到着していた。

先方には余裕を持って到着。40分ほど早く到着したので近くの喫茶店で時間をつぶすことになる。

「きょうは新幹線が遅れてな。名古屋駅の手前で突然止まった。こんなことは初めて。時間にして6分ほど停車していた」

この時はたいして気にも留めずに聞き流していたが、これが午後からのアポだったらこの日のセッティングがオジャンになるところだった。

架線切れを起こしたのは神奈川区なので、この午前中の事故とは関係ないにしても、大事故は小さな事故の積み重ねによって起こるものだ。

人気ランキング
[PR]
Commented by きんたろー at 2010-01-30 17:05 x
>>大事故は小さな事故の積み重ねによって起こるものだ。

その言葉を聞いて、〝JAL〟を思い出しました。
人柄のよさそうな西松社長は悲運でしたね。
Commented by tetorayade at 2010-01-30 22:57
>きんたろーさん
そうですね。JALの墜落事故はその象徴。さらにJRの尼崎脱線事故も。
by tetorayade | 2010-01-30 12:02 | 社会ネタ | Comments(2)