日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

エボルタは普通の乾電池だった

エボルタは「世界一長持ちする乾電池」というのがウリだ。

で、そのキャッチフレーズに惹かれ、100均の乾電池には目も触れず、100均の6倍も高いエボルタを使い始めたのが去年11月から。

で、やっとエボルタが本当に長持ちするかどうかのテストが終わった。

一番長持ちするかどうかが分かるのが毎日使うもの。それが電動歯ブラシだった。

かなり期待したのだが、結果は1カ月だった。

朝と夜に1回3~4分の使用。

1カ月ぐらいなら、パナソニックの普通のアルカリ乾電池でも持っていた。だから、世界一長持ちする、という印象はない。

世界一のエボルタならここは、やはり2カ月は持って欲しかった。せめて1.5カ月は持って、普通のアルカリ電池との差をまざまざと見せつけてほしかった。

エボルタ君の24時間ル・マンチャレンジのCMがすごい好印象だっただけに、がっかりな結果となった。

エボルタ君がかわいいから、誰も文句を言えない状況かも知れない。

普通のアルカリ電池とは4本で100円程度の差。

過大な期待は禁物、ということか。

人気ランキング
[PR]
Commented by 傍聴人 at 2010-01-07 20:57 x
こんばんは。
長持ちの単位は、長期間ではなく長時間ではないでしょうか?
連続使用なら、持続が体感できると思います。
電圧の問題がクリアできるなら、
エネループなどの充電池が良いと思います。
Commented at 2010-01-07 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tetorayade at 2010-01-07 23:31
>傍聴人 さん
エボルタのCMは確かに連続使用ですから、期間ではなく時間を売りにしていますね。
勝手エボルタなら倍の期間は長持ちするものと思い込んでいたもんで、それでちょっとがっかりでした。
Commented by enutea at 2010-01-09 02:01 x
乾電池は、目的で寿命が変わります。
典型的なものは単3乾電池を使う
デジタルカメラと
アナログ時計
デジカメは一般的に定格電圧よりチョットでも電圧が下がると動作不能として動かなくなりますし、電流も比較的大電流を必要とします。こういう負荷のかかるものやモーターなどの始動時に負荷電流が瞬間的に大きく掛かり、始動後は定格電流に落ち着くものなどにアルカリ電池・オキシライド電池は向いているようです。
(アルカリは初期電圧1.6V、オキシライドは初期電圧1.7Vに注意です。)

それに比べてカチカチカチと針の動いていく時計の場合
目覚ましのベルやブザー以外では、微少電流を短時間の繰り返しで長期間にわたって消費します。こういうものにマンガン電池は向いています。時計などにアルカリ電池を使っても寿命はマンガン電池と大差ないと以前TVで見たことがあります。

以下のサイトを御覧いただくと良く解るかと思います。
ttp://panasonic.co.jp/ec/info/oxyride/01.html
Commented by tetorayade at 2010-01-09 22:33
>enutea さん
いつもご丁寧なコメントありがとうございます。
電動歯ブラシにはエボルタは◎でした。
電動歯ブラシでエボルタと普通のアルカリ電池では大差ないということのようですね。
Commented by にほん at 2013-10-18 20:18 x
>100均の乾電池には目も触れず

それを言うなら 『目もくれず』 ね。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/216372/m0u/
by tetorayade | 2010-01-07 07:29 | 社会ネタ | Comments(6)