日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

覚せい剤の再犯率が高いワケ

酒井法子の初公判がいよいよ始まる。

夫の高相祐一が覚せい剤をはじめた時期が20代のころから、と証言していたが現在41歳ということは、かれこれ20年ぐらい覚せい剤漬けになっている、ということになる。

「人間止めますか、覚せい剤止めますか」という割りに、20年もやっていて体がボロボロになっていないことに驚く。

教師や高校生にまで覚せい剤が蔓延する現実を見ると、麻薬の女王とも呼ばれるヘロインほど禁断症状が激しくないということか。

戦中はヒロポンの名で疲労、倦怠感を吹き飛ばすために軍でも採用されていた経緯がある。

覚せい剤の再犯率は4割、ともいわれている。

注目されるのは、この夫婦が完全に立ち直れるかどうかだが、覚せい剤の誘惑に打ち勝つには、一生無人島で暮らしてみるか?

人気ランキング
[PR]
Commented by ざんぶろんぞ at 2009-10-26 16:17 x
>覚せい剤の再販率が高いわけ
ひとえに初犯を執行猶予にしてしまうと言う慣例がその遠因と思っています、これを機会に「初犯でも実刑」という前例を作ってしまうのもひとつの解決方法ではないかと思っていたりしています、、まあ無理でしょうけど、、、
Commented by tetorayade at 2009-10-26 22:48
>ざんぶろんぞさん
民主党になったらそれも可能、なんてことはないか。
中国共産党になってしまう。
by tetorayade | 2009-10-26 10:24 | 社会ネタ | Comments(2)