日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

アメリカ発、気球騒動は完全自作自演

アメリカ・コロラド州で起こった気球騒ぎは、完全に一家の自作自演、やらせだったことが分かる。

自分たちで撮影した気球が飛ぶ直前の映像が公開されているが、あのサイズの気球で子供が乗れるわけがないし、最初からかごもついていない。

これが決定的な証拠ともいえる。

発端は行方不明になった息子が馬鹿正直に「テレビのショーへ出るためにやった」と暴露したために、やらせの疑惑が深まっていた。

近く、虚偽通報で立件されるようだ。これに共謀罪などが加わると罰金は4550万円にも達する見込み。

コロラド州の軍は2機のヘリコプターを出動して、救出に向かい、その模様は全米に生中継されたわけだから、所期の目的は達したはず。

元々竜巻ハンターとして有名な家族が、気球騒動でもさらに有名になりたかったのか。それともお金目的なのか。

ただただ残念なのは母親が日本人だったこと。

やらせだったことが発覚する前のインタビューで、母親は日本の両親に向かって涙ながらに、騒がせたことを詫びていた。

あれも演技だった、ということが日本人として悲しい。

「アメリカ」、「涙の演技」というキーワードから三浦和義を思い出してしまった。

人気ランキング
[PR]
by tetorayade | 2009-10-20 09:22 | 海外ネタ | Comments(0)