日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

前途多難な中座くいだおれ

7月19日のグランドオープンのテープカットには橋下大阪府知事まで駆けつけて花を添えた「中座くいだおれ」。

きょう昼飯時に訪れてみた。昼飯を食べるつもりで。
b0017844_18255245.jpg

1階にあるカジュアルなフードコートの入り口では従業員が盛んに客引きをしている。一瞥するだけで客はなかなか店内には吸い込まれない。
b0017844_18281641.jpg

店内に入ると客はまばら。昼飯にたこやきや挙げパンでは物足らない。
b0017844_18312780.jpg














b0017844_1836551.jpgそれで上の階に行ってみるが、これといって食べたいものがない。上の階は下以上に閑散としている。

テナントも完全に埋まっていない。

かなり厳しい状況だ。テナントの数も少なく上の階に吸引させるだけの魅力がない。アルゼ時代よりももっと客がいない。

3階には大食いチャンピオンのジャイアント白田の串かつ屋が入店している。

昼間から一人で串かつもない。

やっぱり、串かつは夜ビール片手に食べるのが最高。

白田の店もランチタイムだというのに客入りは2~3割というところ。これに危機感を持った店主自らが店頭に出て客引きしているではないか。

太郎は帰ってきたものの、やはり予想通りの展開になっている。
b0017844_184614.jpg

b0017844_18462235.jpg

道頓堀といえば誰もが一等地だと思っているのだが、道頓堀を通っている客を店の客にするのは結構難しい。

このビルで集客力のあるパチンコをやったが、2法人が早々に撤退した。パチンコ店が撤退すると飲食フロアーもどんどん客足が絶えた。

看板を変え、中身を変えてもこのビルの集客は厳しい。

結局、昼飯はたかじんプロデュースの心斎橋ラーメンを食べた。

レポートはのちほど。

人気ランキング
[PR]
Commented by musical-cats at 2009-07-23 22:11
上から2枚目の画像の入り口。センス無いですね。

飲食店を潰した一流芸能人は大勢います。
それだけ飲食店は難しい。
1階に、はなまるうどん(讃岐うどん)などが入ればいいのに。
この先の経過取材を楽しみにしていますね。
Commented by tetorayade at 2009-07-23 22:51
>musical-catsさん
ファサードのデザインは大地真央の夫でもある森田恭通が担当。今回は予算がなかったのか、全体的にチープです。
Commented by ajisai at 2009-07-24 13:39 x
確かに、開店からこれだと思いやられそうですね。
開けと、何ヶ月と持たないかも???
本当に練って作っても、難しい時代ですから。

MILKさんへ

はなまるうどんは、心斎橋の商店街の中にあります。
何度か食べに行きましたので。
ただ、今はあるのかは分かりませんが。
今は、ここに確かあったよなあ~なんて思っていると、無くなっていたりしまうよね。
なかなか厳しいですね。

うちも夏枯れ?で困っていることですし(涙)
Commented by タロウ at 2009-07-24 22:03 x
やっぱり中座は芝居をしないとなんとなく気が抜けているような。新歌舞伎座も上本町に移り、角座も新世界へ。道頓堀の風情が消えうせて場末の歓楽地みたいになっていくようで、非常にさみしいです。他にも、映画館、漫才を主にやっていた演芸場もなくなり、すっかり様変わりしてしまいました。それらが道頓堀の魅力だったのですが・・・。
Commented by musical-cats at 2009-07-24 22:18
すみません。変換ミスがあったので、再投稿します。

ajisaiさんへ

そうですか、この近くにありますか。

夏枯れ現象・・・それと不況枯れ現象も大変なようですね。
私の知る中華屋は、利益の高い、冷やし中華がこの気候でダメ。これは夏枯れ(?)
750円の生姜焼き定食は半減。これは不況枯れ。
どの業界も大変ですね。
Commented by tetorayade at 2009-07-24 23:20
>ajisai さん
私の記憶が正しければ太郎は3年のレンタルだった、と思います。
3年持たない、と私は見ました。資本力の弱い店舗は売り上げ、人件費、テナント料のあまりのものギャップから撤退せざるを得ないと思います。それほどあのビルには客は来ません。
Commented by tetorayade at 2009-07-24 23:26
> タロウさん
道頓堀五座といわれるぐらい寄席や芝居小屋で発展した道頓堀ですが、それで集客できなくなり座がどんどん消えてしまった。時代の流れは道頓堀に何を求めているのか。
そのニーズを東京発のコンプレックスビルは掴みきれていないから失敗する。フードコートの「N8」という店名がすべてを物語っている。
大阪はこてこてが大阪。その大阪らしさを東京の会社では作りきれない。
Commented by JJJ at 2009-07-30 11:38 x
こてこてというのは大阪弁では確かなかったかと。観光地か繁華街かのジレンマを抱えている気がしますね。「道とん堀」というお好み焼き屋さんもありますけど、大阪発祥のお店じゃなかったり…名前でそういうイメージを売りにしてるんでしょうけど。お好み焼き、たこ焼き屋があっても地元客はあまり行かず、観光客対応でしょう。くいだおれ店舗も結局は閉店に追い込まれていますし、こてこての大阪というかいかにもな大阪らしいってのは限界があるように思います。

思い切って新しいことをやる場所にしたらいいんじゃないでしょうか。観光客だけではとてもじゃないですが、成り立たないように思います。特にリピーターを考えれば地元客対応を考えた方がいいと思いますね。ただ観光地化してると地元客が行き難いという感じすらありますが。

新しいくいだおれも観光客重視、復活しても苦しいと思います。人形効果はあるようでないでしょうし、飽きられるのは早いのでは。思い切ってくいだおれ人形に依存しない、今までの道頓堀イメージ、大阪イメージに頼らない物を作った方がまだ芽があったんじゃないかと思います。未来のことはわかりませんが。
Commented by tetorayade at 2009-07-30 21:39
>JJJ さん
資本力にもよりますが、3年も持たずに撤退する店舗が続出して、また廃墟になると思います。
道頓堀は地元客は行きませんしね。道頓堀店以外で金龍のラーメンを今でも地元の客が食べているのが不思議。
演芸の道頓堀として栄え、演芸が廃れ道頓堀の風景が変わった。若者を惹きつけるために何を持ってくるか。これがわからない。
Commented by なるほー at 2009-10-04 10:34 x
大阪人は道頓堀行かないね・・・法善寺はいくけど。なんでかな
Commented by tetorayade at 2009-10-04 22:01
> なるほー さん
ジモピーは道頓堀の前すら通らない。
道頓堀は観光客相手の店しかないからかも。
by tetorayade | 2009-07-23 18:54 | 社会ネタ | Comments(11)