日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

宮崎マンゴーはすべてが太陽のタマゴではない

東国原知事の功績といえば、宮崎のトップセールスとして宮崎の特産品を全国に広めたことだろう。中でも宮崎産の完熟マンゴーは超高級品で、その最高峰が「太陽のタマゴ」だ。

東京太田市場の初せりでは2玉で20万円、と破格の値段がつくほど。すっかりブランド化に成功している。

ここで宮崎産の完熟マンゴーのことをすべて「太陽のタマゴ」と勘違いしている人も少なくない。
b0017844_7372147.jpg

写真のマンゴーは確かに宮崎産には、違いないのだが、そおそもマンゴーにブランドを証明する「太陽のタマゴ」のシールが張っていない。

「太陽のタマゴ」とは、宮崎県ブランド認定基準(JA宮崎経済連が定める)を満たしたもので、糖度は15度以上、重量は350g(2L)以上。

はさみを使わず自然落下したものが「太陽のタマゴ」と名乗ることができる。

糖度が15度以下で重量が310g(L)以上のもを完熟マンゴーと呼び、これにもマンゴー一つずつにシールが張られている。

写真のマンゴーには完熟マンゴーのシールも貼られていない、となると単なる宮崎産のマンゴーということになるのか?

かつてハンティングワールドのショルダーバックを持っていた。デパートで買ったのでもちろん本物。本物を毎日持っていると、ニセモノのハンティングワールドが一目で分かるようになった。

本物を知らないとニセモノの区別がつかない。

人気ランキング
[PR]
Commented by musical-cats at 2009-07-10 22:32
1個10500円のと2100円のを食べた事があります。
つまり宮崎県産のマンゴーを食べたのは2回だけ。
金額の問題より、それだけの金を出すのなら、もっと旨いものが食べられます。美味しいのですが、繰り返し食べる気になりませんでした。
今の時期はやっぱり「スイカ」です。食べたいときは近所のスーパーに20時以降に行きます。だって、その時間は半額になっているから(笑)
Commented by musical-cats at 2009-07-10 22:35
あっコメントの途中で送信を押してしまった!

>ニセモノのハンティングワールドを一目で分かる

ドキ!かつて所持してました。韓国で購入したモノです(笑)。バレテタのですね。それを持ちながら銀座を歩いてました!(激)

Commented by 右打ち職人 at 2009-07-11 21:08 x
太陽のマンゴーも関サバも城下ガレイも、普通のサバやマンゴーよりも美味い可能性は高いですが、絶対に美味いと確定しているわけではありません。
一次産品と服やバッグを同じブランドとして語るのは「?」な気がします。
Commented by tetorayade at 2009-07-11 22:30
> musical-catsさん
そもそも太陽のタマゴなんて贈答用として使われるもので、自分用に買うなんてよほどの金持ち。
何でもブランドというのは付加価値ですから。ブラインドで試食したら味なんてそうそう分からない。
韓国製のハンティングワールドならすぐ分かったかも。本物はハンティング用に生まれたはずなのに、一生ものではなかったですね。2~3年でボロボロになります。
Commented by tetorayade at 2009-07-11 22:35
>右打ち職人さん
ブランドとは高く売れるから、ブランド化したい。
品質がよくて、それなりのものならそれなりの対価を払うべきですが、それは買う人が決めること。
ちょっと美味しいだけで値段が2~3倍なら、貧乏人は安いほうを選ぶ。
ユニクロが過去最高益を出しているのは、逆ブランド化。
ユニクロは安いけど品質は高級ブランド品に匹敵するから売れている。
by tetorayade | 2009-07-10 07:39 | 社会ネタ | Comments(5)