日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

社会心理学者も取り上げたガードレール金属片

6月28日付の産経新聞が空から降ってきたオタマジャクシのなぞについて、社会心理学の専門家である立正大学・斉藤勇教授の見解を引用しながら、騒動を日本人の好奇心と不安感ではないか、と読み解いた。
b0017844_7351640.jpg

この記事でびっくりしたのが、斉藤教授も今回の騒動を「ガードレールのなぞの三角片」に関連づけたこと。

6月17日のエントリー「空から降るオタマジャクシとガードレールの金属片」を斉藤教授が読んだわけでもないだろうが、オタマジャクシ騒動の原因をガードレール騒動と結びつけたところは同じ思考回路、ということか。
b0017844_7354487.jpg


昔から各地で起こっていた現象をマスコミが騒ぎ立てることで、今まで経験したことのない人たちが不思議がり、色々な仮説を立てながら不安心理に陥っていく、という流れ。

さて、何人ぐらいがオタマジャクシとガードレールを関連づけているのか知りたくなってヤフーで「オタマジャクシ、ガードレール」で検索するとトップに出てきた。

人気ランキング
[PR]
Commented by MILK at 2009-06-29 20:53 x
皆、ミステリー好きが多いから、何でも追求したくなるのでしょう。

ガードレールとの関連は、ここのブログを見てだと思う!!!
Commented by tetorayade at 2009-06-29 21:38
>MILK さん
産経新聞の記者が読んでいたか、先生が読んでいたか。というより誰でも考えそうなことなので。
でも、先手必勝。一番最初に思ったことを書くこと。
「あっ、それ、そう思っていた」というのでは遅い。感じたら、感じたときに文字にする。
これをモットーにしています。
by tetorayade | 2009-06-29 07:38 | 社会ネタ | Comments(2)