日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

経費削減で逮捕されたベスト電器

しかし、うまいコスト削減方法を考えたものだ。

通常郵便なら120円かかるDM発送料が障害者団体特割制度を使えば8円で送れる。障害者団体が発行する定期刊行物の中にDMを同封するビジネスがそこに生まれる。

この話しに乗ったのが家電量販店大手のベスト電器だ。

ベスト電器は3年間の間に1190万通の商品パンフを同社の顧客に郵送して、4億4000万円を不正に免れた、とされている。

ここには、障害者団体の割引制度の悪用を思いついた主犯格の広告代理店、悪用を承知で定期刊行物を利用させた障害者団体、この制度を利用してパンフを安く発送していたベスト電器、さらには印刷会社までがイモヅル式で逮捕されてしまった。

このビジネスモデルはベスト電器が支払う郵送料が原資となる。通常120円かかるところを仮に100円で送れたとしても、1通当たり20円のコストダウンが図れるので、ベスト電器としてはメリットがある。

ベスト電器が1通100円払ったとして、実際かかる8円を引いた92円が広告代理店の儲けになる。

これを広告代理店や障害者団体などが山分け。

三方一両得だったのだが、そうは問屋が卸さなかった。

郵便ポストに入っているフリーペーパーのパドも最近は折り込みチラシがはさまっている。どうせポスティングしているのなら、ほかのチラシも入れて少しでも利益を出そう、という発想だ。

その原点は新聞の折り込み広告にある。

人気ランキング
[PR]
Commented by meimei at 2009-04-16 10:17 x
いつかはバレル事例ですよね。郵便が民営化されたら余計にそうなるのに。当方の地域にはベスト電器があります。しかも駅前に。でもそんなに安くないから、いつもコジマやヤマダを利用しています。私はこの事件でベスト電器では一生購入はしないと思います。
それだけイメージがダウン。
Commented by tetorayade at 2009-04-16 22:26
>meimei さん
安くDMが送れる、と営業部長は判断したんでしょう。会社としては経費を削減できた、と喜んでいたのでしょうが、高い代償です。
by tetorayade | 2009-04-16 07:40 | 社会ネタ | Comments(2)