日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

新型インフルエンザ新薬は来年

第一三共、塩野義製薬、富山化学工業の3社の株が今後どのように上がっていくかが楽しみに銘柄だ。といっても株は一切やらないので関係ないが。

この3社の新薬が新型インフルエンザにも効くものと期待されており、来年から再来年にかけて市場に投入される見込みのようだ。

新型インフルエンザが発生すると、日本でも60万人の死者が予測されている。

パンデミックの恐さは感染者に近づくと感染が一挙に広まること。都会の満員電車で感染者が通勤しただけでも、どんどん広がる。

非常に恐ろしいことが、ワクチンさえあれば新型インフルエンザも恐くはない。

新型インフルエンザに効くワクチンがないからパンデミックが起こるのであって、ワクチンがあれば、爆発的に広がる心配もない。

ただ、今年の冬、これから発生する分にはまだ間に合わない。

中国では鳥インフルエンザが人から人に感染する新型インフルエンザが発生している可能性がある。

中国は情報は公開するものではなく、統制するものなので、全容は明らかにされていないが北京で死亡した女性の入院先の看護士が感染したが、その後の情報は伝わってこない。

とりあえず、発生が疑われている中国には観光で行かないことが、とりあえずは自衛策。なかでも、情報が極端に閉ざされているチベットは要注意らしい。

人気ランキング
[PR]
Commented by meimei at 2009-02-23 20:02 x
第一三共の「CS―8958」は、リレンザやタミフルより服用回数が少ない1回で良いのがミソですね。海外では導出活動段階ですが、国内ではそれに追いついて海外と同時期に使用承認されるのでしょうか?
先日医療関係者向けに打たれた新ワクチン(新型インフルエンザウイルスから製造)は、一部の人に発熱などの副作用が出たと、医療関係者から聞きました。治験段階でそれですから、「CS―8958」等の新ワクチンはどうなるのか?心配です。

チベットには行ってみたい地区ですね。行くならやはり夏。
チベット高原鉄道に乗りたいです。

ttp://www2.env.gr.jp/envision/fujikawa/tibet_x/index.html#

ttp://www2.explore.ne.jp/feature/qingzang.html


Commented by バンコク愚連隊 at 2009-02-23 20:35 x
もし自分が勘違いしてたらごめんなさい!

もしかして「新薬」=治療薬、とワクチンと混同されてませんか?
ワクチンはどんなに早くとも感染し始めたウィルスの実態が確認できないと作れません。今回のインフルエンザがやっかいなのはバンデミックにいたるまでにウィルスがどのような変異をするかわからず、ということはワクチンが事前には作れないということです。

新薬は恐らく各種インフルエンザウィルスの毒素の人体への作用を阻害して発症しない(しにくく)ようにする薬でしょう。
予防についてはどうしても後手になるんですよね…
Commented by tetorayade at 2009-02-23 21:51
>バンコク愚連隊さん
本題に入る前に、浮気モノ(バンコク愚連隊) と同一人物なんでしょうか?
ワクチンとは病原体から作るものですから、ご指摘のように混同していますかね。まだ、ヒトからヒトに感染する病原体は手に入れていないはずですから。
失礼しました。
Commented by tetorayade at 2009-02-23 21:57
>meimei さん
中国政府にすれば、チベット自治区のチベット人が鳥インフルエンザでどんどん死んでくれるのが理想かも知れません。
そんな危険地帯はいくら景色がよくても近づきたくありません。
Commented by meimei at 2009-02-23 22:07 x
tetorayadeさん

>ヒトからヒトに感染する病原体は手に入れていないはずですから
H5N1型で東南アジアで人から人へ感染した例がありました。感染規模は家族単位で小さい範囲だったケース。その病原菌からワクチンを作って臨床したようです。それまでにウイルスが大きく変化しなければいいのですが。
今改めて第一三共のHPを見てみました。
ttp://www.daiichisankyo.co.jp/news/yymmdd_nn.html?b_newsrelease_n1.detail%5Bid%5D=888.5&b_newsrelease_n1.year_selector%5Bid%5D=888.5&b_newsrelease_n1.category_selector%5Bid%5D=888.5
今は臨床3段階目らしい。これができれば新型インフルエンザは怖くないですね。
Commented by バンコク愚連隊 at 2009-02-23 22:26 x
失礼しました。
表ブログの名前が「バンコク愚連隊」で裏ブログの名前が「浮気モノ」です!

同じGOOブログなので時々ごっちゃになってしまって、すみませんでした。
Commented by tetorayade at 2009-02-23 22:37
>meimei さん
規模が小さかったということは新型ウィルスでも突然変異度が軽い?
本来ならパンデミックになったときのウィルスで作るワクチンが安心できるわけですが。
Commented by バンコク愚連隊 at 2009-02-23 22:38 x
第一三共の「CS―8958」について記事を読みましたが、あくまで「ワクチン」ではなく「治療薬」です。やはり感染を阻害して発病を防ぐタイプの「薬」であって「ワクチン」じゃありません。

念のため。
Commented by tetorayade at 2009-02-23 22:39
>バンコク愚連隊 さん
裏の趣味を垣間見た。見てはいけないものを見た(笑)
Commented by バンコク愚連隊 at 2009-02-24 00:26 x
ぶひゃひゃひゃひゃ(≧∇≦)

はまったら抜けられませんぞ!
Commented by tetorayade at 2009-02-24 22:54
>バンコク愚連隊 さん
なかなかやりますな。相手が若い!
9年ほど前はまっておりました。今はほぼ卒業状態です。
Commented by meimei at 2009-02-24 23:14 x
>9年ほど前はまっておりました

マジですか(爆)
私は手術に立ち会ったことがあります。
学会の資料も見ました。
昔の顧客に整形外科医が居たので、その手術には詳しいです。

(お二人の話が分ってしまった私ですw)
Commented by tetorayade at 2009-02-24 23:21
>meimeiさん
ちょっと誤解しています。
私は手術しているようなヒトは相手しておりません(笑)
Commented by meimei at 2009-02-24 23:26 x
tetorayadeさん
大変失礼しました(爆)
by tetorayade | 2009-02-23 07:44 | 社会ネタ | Comments(14)