日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

不況でも忙しい散髪屋

いきつけの散髪屋のマスターがポロリとこんなことを漏らした。

「2月はいつも暇なのに今年の2月は忙しいんですよ」

世間が、不況、不況といわれる中で明るい話ではないか。しかも新規の客が増えている、というではないか。

忙しさの原因は店の立地にあった。

近くにハローワークがあり、店の前をハローワークへ向かう人で時には人の波になることもある、という。

店頭には大人散髪1500円の文字。これはマスターが独立した25年前から掲げている値段。

理容組合加盟店なら今の相場は3800円。半額以下の値段だ。

それでいて、仕事は丁寧。1500円だからといって一切手は抜かない。ヒゲもバリカンとハサミで揃えてくれ、耳毛カット、マッサージ、とフルコースだ。

失業者が毎日、毎日ハローワークへ足を運ぶ。その数は日増しに増えている。店の前を通る人も増え、1500円という安さに釣られて新規客が増えている、という図式。

失業したからといって散髪しないわけにはいかないが、目の前に半額以下の店があれば、ついつい試してみたくなる。

しかも、1000円ポッキリのシャンプーもないチェーン店のクイックでもない。

組合に入っていないので自由に値段を決めているだけ。

失業者を対象に商売を始めたわけではないが、まさに失業者特需ともいえそうだ。

人気ランキング
[PR]
Commented by BBR at 2009-02-12 07:52 x
そうなんですか。

では、美容院業界はどうなんでしょうね。単に安い方に移っただけなのではないかと。
Commented by meimei at 2009-02-12 09:36 x
友人が海外の有名美容サロンに勤務しています。
客層は「庶民10%」「中間層30%」「富裕層60%」。
そこの話は、売り上げが落ちているのは庶民層だけ。
その理由は、人前に出るのにカット&パーマなど削る訳にはいかないから。富裕層ほど人前の美意識は強い。その店の平均客単価は下がっていても、富裕層の客単価は維持。
店それぞれの環境で違いが出てますね。

この散髪屋の場合、面接前の散髪需要もあるのでしょうね。
因みに私は40年以上同じ店です。
Commented by ajisai at 2009-02-12 13:12 x
スゴイ、良心的でしかも、お安いですね。
普通、この値段だと、顔そり、シャンプー付いてないですよね。

って、いいながら、私は、もう、何年も美容室にも行っていないです。
自分で、風呂場で、しかも、ハサミで切ってしまいます。
自分の手の感覚だけを信じて。
どうも、休みが無く、月2回の休みも妻、子供のお相手で行く時間が無くなったせいで、もういいや!!と思って、自分でやっています。
でないと、本当にむさ苦しい状態まで放っている状態だったので。
Commented by 雫石鉄也 at 2009-02-12 16:17 x
ハローワークの前、というのが良かったのですね。
私もリストラ経験者で、求職活動の経験があります。
ハローワークで良い案件があると早いもの勝ちです。ハローワークの人が相手先企業に連絡を取ってくれると、すでに決まっていたということがよくありました。
面接、となると一刻も早く面接を受けなければなりません。面接となると、散髪してきれいにしなくては。ハローワークの前に散髪屋があると、その場で散髪、そのまま面接に行けます。
Commented by tetorayade at 2009-02-12 22:58
>BBR さん
コメント早すぎです(笑)
まだ、リードを書いただけだったのに。
Commented by tetorayade at 2009-02-12 23:03
>meimei さん
男はなかなか散髪屋変えませんよね。
行きつけならいちいち注文しなくてもいいし、そもそも何も聞きません。黙って座っているだけでいつものヘアースタイルに刈ってくれる。それだけ男はヘアースタイルを変えない、ということ。
それだけに、散髪屋を変えるのは面倒くさい。そういう状況で新規客が増えたということは安さが魅力なんですが、丁寧な仕事ぶりはやってもらうまでわからない。
従って、今度は一見客が必ずリピーターになると思います。
だって、値段以上のサービスですから、ここで小さな感動が起こっているはずです。
Commented by tetorayade at 2009-02-12 23:07
>ajisai さん
だまされた、と思って今度行ってみてください。
茨木高校の北門前にあります。
Commented by tetorayade at 2009-02-12 23:11
>雫石鉄也 さん
正確にはハローワーク通り沿いですね。
平日に新規客が増えているということですから、まさに面接用に散髪するんでしょうね。
ハローワークの近くでそんな感じの新商売ができそうです。すでに弁当屋は特別安い弁当をハローワークの前で販売しているようです。
Commented by meimei at 2009-02-12 23:34 x
tetorayadeさん

私のご近所ではないのが悔しいですね。
近くならゼッタイ試してみたいです。
そのお値段で一日何人捌くのですか?
その親父さんの心意気を感じてみたいです。
Commented by tetorayade at 2009-02-13 22:08
>meimei さん
マスター以外に奥さん(髭剃り、シャンプー専門)と20代の若い理容師2名の計4名で回しています。家族的雰囲気でいわゆる散髪屋さん。大衆理容とは違います。
座席は4つ。1人40~50分はかかります。10時間営業としても最大で50人ぐらいですかね。
Commented by meimei at 2009-02-14 00:00 x
>1人40~50分はかかります

それだけ時間を掛けて1500円は驚きです。(私は二ヶ月に1回アイパーを施しますが、これが2時間で7000円)ますます試してみたいです。東京にはそんな良心的なところは無いですね。あるのはQBみたいな所です。因みにQBと聞くと、理容チェーンでは無くてチーズを思う出すのは私だけ?
Commented by BBR at 2009-02-14 00:24 x
失礼をば(爆)

ちなみに、散髪屋はほとんど変えていないクチです(父親もそう)。ガキの頃から行ってた店に今でも通う、中断はあれどかれこれ35年ぐらいです。
そのサービス内容でその値段となるとさらにすごいですね。何年前の値段でやってるんでしょ。
Commented by tetorayade at 2009-02-14 22:17
>meimei さん
このマスターの心意気がいい。2人いる若い職人は今風の若いこなのに、よく続いています。そのうちの一人は私が行き始めたころは髭剃りとシャンプー専門でカットはさせてもらえなかった。そんな期間が3~4年は続いたでしょうか。それが子供のカットから始まり、今では大人のカットも任されています。
1500円ですから、店が大儲けしているわけではないですから、給料だってべらぼうにいいわけがない。それでいて辞めないで技術を身につけようとしている姿勢がいいです。
Commented by tetorayade at 2009-02-14 22:19
>BBRさん
男は特に変えたくないですね。私の場合、引越しが何度かあったので、その都度新規開拓するのが大変でしたが、この地に住み続ける限り、この散髪屋から浮気することはないですね。1500円では浮気のしようもない。
by tetorayade | 2009-02-12 07:41 | 社会ネタ | Comments(14)