日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

かんぽの宿一括譲渡白紙撤回へまっしぐら

今、一括売却問題で話題のかんぽの宿。

土地代300億円、建築費2100億円。総額2400億円。対する譲渡額は109億円。取得額と譲渡額では約22倍の開き。

数字だけを並べたら鳩山大臣が指摘するまでもなく「安す過ぎる」となる。マスコミが騒ぎ立てれば騒ぎ立てるほど、オリックスへの一括譲渡の目は消えることになる。

広島県はアーバンコーポレーションや章栄不動産などのマンション販売を主力とする大型倒産が相次いだために、メインバンクの広銀やもみじ銀行は、相当な被害を被っている。

広島県の主力銀行がこの状況では地域経済にも影響を及ぼしてくる。

体力のない地銀の破綻が懸念されているが、メガバンクの大型破綻だってないとはいえない状況。

ギャル曽根の食欲のように、不動産を得意とするオリックスにすれば、もうお腹一杯。109億円でも食べきれない。ギブアップというところか。

人気ランキング
[PR]
Commented by meimei at 2009-01-29 20:14 x
いま知り合いの古美術商は、買い漁りの最中です。
3年前100万の絵が9万円で仕入れしています。柿右衛門もVOC(東インド会社)も買い漁り!VOCの大皿が10年前1000万円だったのが200万円で仕入れたと喜んでます。業種によって相当違うのですね。いつか必ず上がると分っていても、資金に余裕がなければねー。私も10億あればかんぽの宿を一つでも買いたいのですが・・・・。
Commented by tetorayade at 2009-01-29 22:52
>meimei さん
不動産はまだまだ底値ではないでしょうね。
住宅ローンが払えなくなる人がこれからどんどん増えます。
うちの田舎にもかんぽの宿があります。20年ほど前にできましたね。遠の昔に民間に売却済みですが。
安く買って高く売る。原理原則ですね。
by tetorayade | 2009-01-29 07:43 | 社会ネタ | Comments(2)