日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

かんぽの宿売却白紙もデキレース

かんぽの宿の売却を巡って、オリックスへの一括譲渡が白紙に戻された。

これには裏の裏がある、という。

鳩山総務大臣が「なぜ一括なのか、なぜオリックスなのか」と見直しを求めたのは今月9日。オリックス・宮内義彦会長が小泉政権で規制改革・民間開放推進会議の議長を務め、民営化の議論に深くかかわっていたためだ。

まるで、オリックスとのデキレースで一括売却はおかしい、不当に安く手に入れているのではないか、という論調になってきた。

いわゆる談合か。

談合は社会悪のように取られているので、世論も鳩山大臣の見直し論に賛同する。

かくして、オリックスへの一括譲渡は白紙に戻される。めでたし、めでたし。

このめでたし、めでたしは実はオリックス側にとってのめでたし、だという。

その心は宮内会長はかんぽの宿なんか欲しくなかったのが本音らしい。

国から頼まれてしかたなしに引き受けた、とか。

宿は古くて稼働率が悪い。ただ、、そのなかにマンションを建てられる物件もあったのでしかたなしに引き受けた。

そこへ持ってきてのアメリカ発の世界的金融不安。不動産大不況時代。マンションを建てても売れない。

逆にオリックスにしてみれば、安く買えたかんぽの宿もお荷物になっていた、という。

なんとか手放したい。

そこで、一括譲渡はデキレースではないか、との情報をリークする。

それでまんまと引っ掛かったのが、鳩山大臣。こうして、お荷物になっていたかんぽの宿を合法的、かつ合理的に手放すことに成功したわけだ。

めでたし、めでたし。

人気ランキング
[PR]
Commented by meimei at 2009-01-26 10:46 x
なるほど!
経済危機の時期がこの時期で助かったオリックス・・・そうだったのか。

>・・・との情報をリークする
情報ソースも想像が付きます。信憑性が大ですね。
もしかしたら鳩山サイドもオリックスが操っていたのかな?その周辺の情報は無いですか?大人気のかんぽの宿(箱根)に行ったことが有りますが、最近はもっと格安でいいところがありますから、かんぽの宿の使命は10年前に終わっている気がします。
Commented by tetorayade at 2009-01-26 22:22
>meimeiさん
稼動3割の宿を買っても再生するのに相当な労力がいる。改装もしなければならない。となると、いくら破格で買ってもお荷物なだけ。不動産市況も底冷え。
Commented by BBR at 2009-01-26 23:41 x
まあ、こうして日本が法治国家でも契約社会でもないということが改めて世界に知れ渡るわけで。宮内氏もひっくるめてですが。
Commented by バンコク愚連隊 at 2009-01-27 11:31 x
なるほど。「やっぱりね」という感じですね。

「かんぽの宿一括売却」の話が出た際に、私はなぜこんな時期に?と思ってしまいましたが、そういう意味では

  鳩山大臣ナイスプレー♪(おい)

って感じですか。
本来ならこの時期に不動産の買い手があるだけでも儲けモノですからね。
Commented by tetorayade at 2009-01-28 00:32
> BBRさん
契約に関しては、中国に比べたら100倍はまだ、まし、と思い直しましょう。
Commented by tetorayade at 2009-01-28 00:34
>バンコク愚連隊 さん
そうなんです。この時期不動産を買ってくれるところは奇特な企業。たしかにオリックスは不動産を底値買いで買い漁っていたようですが、もう満腹だったんでしょう。
by tetorayade | 2009-01-26 07:40 | 社会ネタ | Comments(6)