日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

瞬間消臭センイは爆発的ヒット商品になるのか?

何とも凄い商品に出くわした。

加齢臭が気になるオヤジにはぴったりの商品になる。

正式商品名ではないが「瞬間消臭」という呼び方がピッタリ。目の前に登場したのは特殊な糸で織ったハンドタオルだった。

臭いを色で分からせるために、高濃度のアンモニアにピンクの色をつけて、まず、普通の靴下にアンモニアをスプレーした。アンモニアのピンク色はいつまでも消えない。
b0017844_19535127.jpg
鼻を近づけた。これが400倍の濃度のアンモニアなので強烈なアンモニア臭が鼻を刺す。

次に瞬間消臭繊維で織ったハンドタオルにスプレーした。
b0017844_19574234.jpg
すると、どうだろう。見る見るうちにピンク色が消えていく。ほんの数秒で完全に消えてしまった。
b0017844_1959079.jpg

色が消えたハンドタオルに恐る恐る鼻を近づけてみた。これが色が消えたようにアンモニアが完全に気化して、まったくの無臭になっている。まるで手品でも見ているかのようだ。

似たような繊維は当然あるようだが、それは消えるまで5分を謳っている。

5分と数秒では大きな違いがある。そもそも臭いは気化するのでほっておいても消えていく性質がある。

臭いがこもる場所といえば、靴。

靴下の商品化も進めるが、靴のつま先に瞬間消臭繊維を貼り付けることで、靴の中の臭いもまったくしなくなる。
b0017844_2044159.jpg

糸の値段は通常の糸の20倍するそうだが、この糸を100%使う必要はなく、20~30%混紡させることで消臭効果は十分らしい。

従って靴下にしても5足で1200円上代を設定している。

普通の洗濯なら何度洗っても効果が薄れることはないが、クリーニング屋の溶剤を使うような方法では化学反応を起こして効果がなくなるそうだ。

繊維についた臭いを消してしまうので、加齢臭の気になるオヤジには「チョイワルオヤジのモテシャツ」なんてネーミングで売り出せば、爆発的に売れること間違いなし。

臭いが最も強烈なのは剣道の小手と面。これは汗が酸化して強烈な悪臭を放つ。この内側にこの繊維を使えば自分の汗の臭いに気絶することもない。

臭いを瞬時に消し去る魔法の糸が日本の不況を救う?

人気ランキング
[PR]
Commented by meimei at 2009-01-16 10:16 x
この手の繊維は興味あります。会社員時代に様々な繊維の商品展開をしてました。アラミド繊維(消防服などの特殊繊維)や、本来の用途以外から違う展開になったあの眼鏡拭き=東レのトレシーや帝人のミクロスターなども扱いました。元々ミクロスターは、シルク感覚の繊維を開発したら、指紋などの手油をふき取る能力が大きくて、商品展開の路線変更もありました。
記事中の商品も、予想外の展開の方が売れるかも知れません。すぐ思い出した展開先があります。ただこの繊維はアンモニア以外に何が有効なのか分らないので、控えますが・・・。アンモニアの様にアルカリ性だけに反応するのか、それ以外に何処まで有効なのか興味大です。汗臭の原因イソ吉草酸とアンモニアは分子構造が違うのでその両方に有効ならば素晴らしい商品展開が出来ますね。商品開発してみたい素材です。
Commented by tetorayade at 2009-01-17 00:17
>meimeiさん
見事に食いついてくれましたね。
このネタはmeimeiさん用だったんです。
以前の商品は5分かかっていたのを数秒で消すことがポイント。
Commented by meimei at 2009-01-17 03:45 x
しまった!釣られてしまった!(大笑!)
Commented by tetorayade at 2009-01-17 22:12
>meimeiさん
釣られたついでに、専門的なコメントもお願いします。
Commented by meimei at 2009-01-17 23:57 x
>専門的なコメントもお願いします

そうきましたか(^^)
そうは言われても、逃げる訳ではありませんが、この物の素材の詳細が分らないと。PET(ポリエステル)なのか綿なのか?。アンモニアを中和するには、有機酸(中和消臭)と銅イオン(分解消臭)の働きが重要なので、
洗濯してもその機能が損なわれない加工が必要なので、原糸にその機能を練りこむなら合成繊維でしょうかね。綿だと洗濯で漂白したらアウトの場合があるし・・・。でも同機能品には綿糸もあればウールもある。10年以上前にシキボウが同じ機能の繊維を展開してましたが・・・。東洋紡も同機能品もあるし・・・。それ以上の性能(瞬間消臭)だからすごいですね。
従来の同機能の繊維なら、タオルや靴下などの用途はありますが、瞬間消臭ならば、ペット用途がすぐ思いつきました。猫のオシッコ関係とか。
それと医療用として腋臭用とかもいいですね。
兎に角、繊維の詳細が分らないので何ともいえません。衣料用なら耐光性や摩擦堅牢度も必要だし、その辺りの情報が必要です。

てなところでどうでしょうか?なんか社内テストを受けている様な気がしました。そんな社内テストがありましたから。
Commented by tetorayade at 2009-01-18 21:34
>meimeiさん
で、売れると思いますか?
私のジンクスで私が凄い、と思わず手を打つ商品はヒットした試しがない。
加齢臭防止のチョイワルオヤジのモテシャツ、というコンセプトなら売れる、と思っているんですがね。
Commented by meimei at 2009-01-18 22:57 x
>で、売れると思いますか?

この質問を私にしますか!(笑)
これから偉そうなことを書きますが、この手の分野は私の得意分野です。だから、偉そうに書かせてください。
様々な商品展開をする場合、その製品の機能性だけでは売れません!
この記事の商品の詳細(製品内容全般)は分らないので、ここに書かれている範囲での情報で言わせてもらえれば、この商品が売れるかは、この担当者(会社)の頭次第です。
どんなに良い商品でも、売れないものは世の中腐るほどあります。だからtetorayade さんが「私のジンクスで私が凄い、と思わず手を打つ商品はヒットした試しがない」と思うのはその為です。別に珍しいことでも自信を無くすことでもありません。その様な例が腐るほどあるわけですから、その腐る程の例を分析すれば売れる方法が見つかります。
私が担当だったころは、常に15~20の商品アイテムの開発を同時進行させていました。HITはその中で一つあればいいほうです。

次のコメントにつづく
Commented by meimei at 2009-01-18 23:06 x
素晴らしい性能の商品で売れる場合は、本当に誰からも必要とされるものです。その事例は全体から見たらコンマ1以下。
製品性能が満点ではないのに売れる商品の共通事項は、
「販売ルート」の開発及び設定で、それに付随して価格戦略です。
15~20の商品開発を同時進行させる際に必ず行う作業がこの販売ルートなのです。
これはメーカーや商社も同じ初歩=基本です。
ある製品を開発して、当時の日商岩井に販売ルートを任せたら大ヒットした商品があります。メーカー直販では駄目な製品でした。その逆もあります。メーカーが直に販売に乗り出したら売れた製品もあります。
それらの例で共通するのは、販売ルートというキーワード。

私が担当なら必ず売れる素材です(偉そうですね)

コンセプトや性能が素晴らしいのに売れない「素材」「製品」はルートが貧弱だったり、アプローチ先が間違っていることは多々あります。
Commented by meimei at 2009-01-18 23:14 x
これをルート戦略といいますが、これは商品をヒットさせるために重要なことです。
ゲーム機器やゲームソフトを売る場合は、その性能やソフトの面白さで売れますが、忘れてはならないのは、既にその販売ルートが出来上がっているということです。
だから、この製品も出来上がっているルートに乗せれば売れる可能性は大きい。その場合ルート上のマージンの設定も大切だし、場合によっては価格調整(定価販売)も出来る。

上記の事項は商社など販売のプロの人たちのイロハです。

売れるかどうかは、頭次第の場合があり、この製品はまさにそれです。
Commented by tetorayade at 2009-01-19 22:32
>meimei さん
なるほど、売る力のある商社=ルートに流すことが大事ということですね。
加齢臭対策の肌着はあることはあるようですが、Tシャツで6800円じゃ売れないですよね。
誰も買わない価格。何を考えているのか。加齢臭が取れても1枚1000円でしょうね。
Commented by meimei at 2009-01-19 22:38 x
>Tシャツで6800円

そんな高いのですか!
加齢臭ってTシャツで覆われている所以外からも出るのに・・・
その用途より、他の方が売れると思いますが。
Commented by ソング at 2009-01-22 12:55 x
主婦としては気になる話題で、枕カバーやシーツは欲しいですね。
黄ばみにもなりにくく、もっと単価が安くなれば靴下はもちろん、
ブーツ用の靴下に体操服や制服にとあらゆるものに欲しいですね。
モニター試験があればぜひ試してみたいものです。
Commented by tetorayade at 2009-01-22 22:51
>ソング さん
枕カバーはそうですね。特におっさんは枕カバーも臭くなる。
モニターがあったらお知らせします。
by tetorayade | 2009-01-15 20:13 | 社会ネタ | Comments(13)