日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

橋下知事文科省バカ発言の真相

文科省バカ発言から4日、橋下知事が関西ローカルの生番組でバカ発言の真相を語った。

東京生まれの大阪育ち。

大阪ではアホとバカを使い分ける場合、相手のことを思いやる気持ちがある場合はアホで、心底、憎しみをこめた場合がバカとなる。関東ではその使い方が逆になる。

そのことを出演者から指摘され「あれ?大阪ではバカの方が柔らかいんじゃないの」と使い間違いだったことが判明した。

橋下知事が生粋の大阪人なら、文科省はほんまにアホやで、ということになったのだろうが、標準語でしゃべるとアホとバカの使い方も関東流になってしまった、とは思えない。

確信犯的にバカ、バカ、と発言している。

文科省が全国学力テストの市町村別データが必要でないという都道府県にはデータを提供しない、と発表したことに対して「テストをやってデータがいらないとでもいうと思っているのか。文科省は本当にバカだ」とバカを連発して批判した。

この学力テストには50億円ともいわれている予算が使われている。

データを公開したら競争が激化することを文科省は恐れているようだが、塩谷立文文科相は「学力の把握が目的で、公表は目的ではない」と反論した。

学力テストの公表は現場の日教組職員から大反対闘争の歴史があった。テストの点が低いと教師に責任を押し付けられるからだろう。文科省が本当に恐れているのは日教組からの突き上げのほうではないのか。

橋下知事は「データ公表は情報共有しながら関心をもってもらうことが目的。市町村教員にがんばってもらいたい」とした上で、「点数ではなく、起きている時間、寝た時間、朝ごはんは何を食べたか、地域がどういう状況か知りたい」とデータは公開の本質は点数の問題ではなかった。

最後にこんなことをいっていた。

「大阪の子供は夢がない。小学校3年で足し算、掛け算、引き算で躓く子供が多い。それからの授業は地獄になる」

50億円もの血税を使ったデータを非公開にするのなら、そもそも学力テストをする意味がない。

人気ランキング
[PR]
Commented at 2008-12-20 17:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tetorayade at 2008-12-20 22:01
>meimei さん
最後の行に真実が出てきましたね。
予算を使うことが目的なわけですよね。
やはり文科省はアホではなくバカです。大バカです。霞ヶ関に共通することですが、やっぱり中央省庁は制度疲労していますね。
霞ヶ関を解体するのが未来の日本を明るくする最良の方法。
Commented by meimei at 2008-12-20 22:31 x
tetorayade さん

中学時代の親友が、国家公務員になって感じた事は、行政を預かる人間が、タクシー券を自由に使用している。デスクの上から自由に持ち帰れると教えてくれました。今から20年前の事です。予算編成の忙しい時は、本当に死ぬ思いで寝ないで仕事をしている彼らですが、偉くなるとその一部の人たちが、脱線すると話してたのを思い出します。今はタクシー券の管理は厳しいとの事ですが。
50億かけた資料を最大限に有効利用しようとは誰も考えてません。だって仕事が増えますから(大笑)
Commented by tetorayade at 2008-12-20 22:36
>meimeiさん
そう、入省当初はみんな馬車馬のように働いていて、予算編成のときはしょっちゅう泊り込み。
そんな反動が出世すると出てくる。そのために特権階級のキャリア官僚を目指すんでしょうから。
by tetorayade | 2008-12-20 11:23 | 社会ネタ | Comments(4)