日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

認知症の悲劇

93歳の母親を助けようとした娘さんも電車にはねられ2人とも死亡。このニュースを聞いてどうしてはねられたのかよく分からなかったが、認知症だった、ということで納得させられた。

この母親は電車にはねられる前、徘徊中だったところを交番に保護されており、迎えにきた娘さんが家に連れて帰る途中の出来事だった。

遮断機の下りている踏切に入り、それを助け出そうとしたが間に合わなかったようだ。

認知症にかかると遮断機の意味も判断できなくなるようだ。

93歳でも歩き回れる元気があるわけだが、娘さんといっても65歳は十分高齢なわけで、老老介護もそ相当きつい。

母親が娘を連れて天国へ旅立ったかのようだ。

健忘症が日増しに酷くなることを実感する中で、認知症は決して他人事ではない。

工場の派遣労働者の首が簡単に切られているが、介護の世界は人手が足りない。景気に左右されることなく永遠に必要とされる。

資格を要する仕事の割には報酬が低いのが原因だ。

キャバ嬢並の時給に引き上げれば、やり甲斐も出てくる。

人のやりたがらない現場では仕事はいくらでもある。

人気ランキング
[PR]
Commented by 右打ち職人 at 2008-12-16 09:28 x
ウチも家族の一人が介護の仕事をしています。
給料は介護保険料などの税金から払われるのでなかなか給料アップとは行かないようです。
ですので「キャパ嬢並み」は難しそう。
確かに需要はあるのですが、力仕事、しかも相手は人間ですから難しい。
不景気であれば多少の労働者の増加はあるでしょうが、十年単位のスパンで見れば外国人労働者が多くなっていく職種でしょう。
Commented by バッキー at 2008-12-16 13:05 x
改善の方向とはいえ介護保険の点数は低いですよね。
仕事の大変さ必然性からみても、まだまだ医療の点数と比較して低いかと思います。
病人の数よりもその手前の要介護人の方が多い訳だし。

介護職に従事される方々の立場向上と待遇面の改善、今すぐ必要ですね。
Commented by meimei at 2008-12-16 22:40 x
祖母が昨年99歳で他界。94歳から斑ぼけがはじまり、97歳で完全にぼけました。約10年施設に入れてましたので、安全面では安心でしたが、見舞いに行ったり、その他の心労は大きなものでした。その間に父が脳梗塞で倒れ、その父も長期入院。二人分の医療入院費は最高時37万円/月でしたので、財産の全てを使い果たしました。その時に感じたのは行政の冷たさと、この先のこの国の福祉は大丈夫なのかと。我が家は幸いにして、父が残してくれた物がありましたが、なければ大変な生活をしていたと思います。国民の高負担高福祉時代を検討しなければ、今の60代の人達は、自分の子供に大きいな負担を掛ける可能性があると思います。最近は地元の友達と会うと、親の老後の話も出ます。
ここでは書き切れないくらいの、介護と負担の問題及び行政のいい加減さを感じた10年間でした。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。まさに自分の家族の様に感じて涙したニュースでした。
Commented by tetorayade at 2008-12-16 23:11
>右打ち職人 さん
厚生労働省は私のしごと館ごときに600億円近い無駄なカネを使う金があるのなら、介護の人の給料を倍にしろといいたいですね。倍でもキャバ嬢並ではないでしょうから。
Commented by tetorayade at 2008-12-16 23:16
>バッキーさん
待遇改善が急務ですね。ボランティア精神だけでは長期間従事できない。やがてわれわれも世話になるときが来るわけですし。
コムスンでイメージダウンでした。
Commented by tetorayade at 2008-12-16 23:23
>meimei さん
うちは2年前に両親が相次いで亡くなりました。
母親は癌と分かって3カ月ほど入院後、病院でなくなりました。
母親の49日の法要の日に父親が後を追うように亡くなりました。
父親は膝を痛めて歩けなくなり寝たきりの生活が2年ほど続き、家で療養していました。この間ヘルパーさんが来てくれていました。
母親の入院を機に父親も病院へ入院。長期入院はできず、次の施設を探さなければいけないけども半年待ちとかで困っている時の母親の49日の日でした。
Commented by meimei at 2008-12-16 23:51 x
tetorayadeさん

そうですか・・・お父様の中で色々な思いがあって旅立っていかれたのでしょうね。お母様を愛されていたのでしょう。
父が亡くなった時に、人生で一番辛い思いでした。tetorayadeさんはその思いを2倍の大きさで感じたのですね。胸が締めつけられます。
私の母は健在なので一日でも長く生きて欲しいです。でも明日は我が身です。安心した老後を送れる社会になって欲しいです。その点スウェーデンは素晴らしいようで、友人の日本人は死ぬまでスウェーデンに居ると話してます。
Commented by tetorayade at 2008-12-17 23:09
>meimei さん
われわれの世代で福祉がスウェーデン並みになることはまずありえませんば、そんな日本に将来はなってほしい。
官僚どもの無駄遣いをやめさせれば可能。
by tetorayade | 2008-12-16 07:45 | 社会ネタ | Comments(8)