普段は液体だしを使っているが、 BLOGTIMES のモニター案件で「味楽家の幸せだし」が当たった。
これはパックだしで、鍋に水を入れてだしを取るところから始めなければならない。液体だし派にはひと手間必要になる。

このだしのコンセプトは「家庭で簡単に割烹の味を再現できる」。

このだしの中身のラインナップが豪華だ。

昆布、かつお節、あさり、鰯の煮干し、帆立、焼きあご、椎茸、と7種類の厳選された無添加の国産素材が使われている。

基本だしは400CCに1パック、濃い目のだしの場合は500CCに2パックを使う。まずは基本だしから。
食塩を使っていないためだしにはしょっぱさがない。非常に上品な口当たりでかつおや焼きあごの風味が漂う。

鍋に湯を沸かしてだしを取らなければならないが、美味しいものを食べるにはこのひと手間を惜しんではいけない。

このだしを使って作ったのが、オリジナル料理の辛口ラーメン雑炊。

辛ラーメンを使った雑炊ラーメンだ。

■作り方

①400ccのだしにご飯を投入。

②沸騰したところで辛ラーメンの具材を入れる。

③味のポイントとして、キムチを多目に入れて、ワカメ、ネギ、紅ショウガ、生卵を投入。

④最後にごまをふる。

■味のポイント

辛ラーメンやキムチの辛さをマイルドにするのがこの幸せだしになる。ただ辛いばかりではなくだしが効いているので全体に味に深みが出て美味さが引きたつ。

だしが美味いのでスープは最後の一滴まですすってしまう。

そしてもう一品作ってみた。

何よりもだしの真価が問われる魚の煮付け。

だし汁にみりんと酒、醤油を加える。
おいしいだしを大根にも吸わせるように魚と一緒に煮込む。

非常に上品な味付けで、大根の素材が引き立つが、普段味付けが濃いので少し物足りなさを感じる。


だしを取った後のパックの中身は、フライパンで炒ってふりかけにしたり、だし以外にも袋から出して粉末調味料としてチャーハンやお好み焼の生地に混ぜてつかうこともできる。

無駄なく余すところなく使える。


ブログタイムズ[ PR by BLOGTIMES ]
■  [PR]
スプーンやフォークを専用の箱に入れて運んでくるところまではよかった。

スプーンを取った時、洗った後拭いていないことが分かるほど乾き跡が残っていた。そこまでは我慢するとしても、思わず、係員を呼んだのが、この箱の中に埃が溜まっていた。
一家言さんは店長を呼んだ。店長は不在で、対応したのは平社員。

「申し訳ありませんでした」

その後の二の句が継げない。

謝るだけでは今後の改善には至らないと思い、本社のコールセンターに電話を入れた。

食器ケースに埃が溜まっているのは、いちいち拭いていない証拠だが、マクドナルドのことを引き合いに出して説明した。

すると担当は「他社様のことは分かりませんが」と話を遮ろうとするばかりでなく、相手が話している時に話をかぶせてきて、早くこのクレームを終わらせようとしていることがひしひしと伝わってきた。

食い物を扱うサイゼリアが埃の溜まったケースを出しても平気の一方で、パチンコホールの中には玉を流した後の玉箱をその都度拭いている店もある。





■  [PR]
とあるショッピングセンターにプジョーが出店した。
たまたまボルボに乗っていて、プジョーに乗り換えを考えている人が通りかかった。さっそく車に近寄り、車に乗り込んだりした。

営業マンは3人いたが、いらっしゃいませの一言もなければ、無反応だった。

トランクの開け方が分からないので営業マンに声をかけた。

やってきた営業マンは無言でトランクを開けるとすぐに立ち去った。

ショッピングセンター内なので、目的客ではなく冷やかし客ぐらいにしか思ってないのか、全く接客をする気配がない。

買う気で来ているのに、あまりにも無反応なので段々プジョーを買う気が失せて行った。

実はこの日、プジョーのショールームへ行くつもりだった。

そこで、プジョーの営業所に電話すると、今日は店長を始め、営業がショッピングセンターへ行っているので出払っている、とのことだった。

何と行こうとしていた営業所の営業マンたちがここにいることが分かった。

カタログだけでも持って帰ろうと思って再び戻ったら、一人はパソコンの画面、もう一人はスマホをいじくっていて戻って来たその人を無視するかのように画面に集中していた。
「やっぱりプジョーは買わない。もう一回ボルボに乗り換える!」

営業マンの態度で見込み客を失ったドアホなプジョーだった。

■  [PR]
朴クネ大統領の強硬反日政策のお陰で、日本人の嫌韓が日増しに高まる中、サムスンのギャラクシーノートエッジが惨敗したことは記憶に新しい。

折しもiPhone6との発売が重なったこともあって韓国製品は見向きもされなかった。

かつては日本でもダントツのシェアを取ったギャラクシーも今や昔。

今度発売されるギャラクシーS6エッジの苦戦も予想されている。
ケータイショップへ勤務するAさんは、アンドロイドファンでプロの目でギャラクシーを持ち続けてきた。

その機能で選択していたAさんに心境の変化が起こった。

電車に乗った時、両サイドがiPhoneで自分だけがギャラクシーだった。そのことが急に恥ずかしくなってiPhoneに乗り替えた。

この話を聞いてサムスンは日本市場での敗北が決定的になった、と思った。

韓国政府がどんどん韓国を嫌いになるように仕向けて行く中で、韓国製品を買おうと思う日本人はいない。

サムスンは日本は大事な市場という認識があるために、前作からサムスンのロゴを消している。

メーカーが何よりも大事にしている社名を消してまで日本市場に取り込もうとしているが、サムスンのロゴを消すのなら、一緒にギャラクシーのロゴも消すしかないが、そんな小細工をしても売れるわけがない。

文句があるなら朴大統領まで。

■  [PR]
日テレの朝の情報番組は観る癖がなかった。それが4月からMCに起用された上重聡アナがスキャンダラスなことを週刊誌で報道されたことをきっかけに、どんな面を下げて仕事をしているのか、気になってたまに見るようになった。

元々メインMCは加藤浩次がやっているのだが、上重アナの座る位置はセンター。
なのに、上重が言葉を発するシーンがほとんどない。作り笑顔を浮かべるばかりで存在感が丸でない。

やはり上層部も報道を重く見たのか、7月には降板させる準備を進めているなどとの観測報道も流れている。

つまり、局側とすればこのまま空気のような存在で後2か月半を乗り切る作戦にでも出たのか、と思ってしまう。

上昇志向の激しい上重は毎日どんな思いで番組に出ているのやら。



■  [PR]
ダイソーの商品をダイソー以外の店舗、しかも大手スーパーで販売していた、というあり得ない現実が起こった。

それは半額ワゴンの中にあった。
ダイソーで販売しているクリップだ。

裏面にはちゃんと半額シールも張り付けられているので、客が持ち込んで紛れ込ませたものではない。
この商品を発見した人は、すぐに副店長に報告。

スーパー側もただただ驚くばかり。

サンプル品が紛れ込んだ? 在庫管理も徹底できていない?

大手スーパーでダイソーの商品。真昼間の謎である。

■  [PR]
韓国が頑なまでに反日運動を展開すれば、するほど売れるのが嫌韓本だ。

開催すら危ぶまれているピョンチャン冬季五輪。これについて日本人にアンケートを取ったところ、失敗することを祈っている人が65%で、頑張って欲しいの18%を大きく引き離している。

すべて朴大統領がまいた種だが、ピョンチャンで韓国が躓くことを喜ぶ人が増えてきている。

人口も経済力も中途半端な韓国が自分たちが一人前の国家と勘違いするようになったのは、サムスン、LG、ヒュンダイが国際競争力のある会社になったからだが、これだけで勘違いするのだから怖い国だ。

韓国経済を支えているのがたったこれだけの数なのか、ということ。しかも、これらの会社も日本の技術や日本製の部品を使うことで成り立っている、ということは自力ではなく、日本の協力があってこそ今があるのを忘れ去っている。

韓国では2代続いて反日思想の大統領になったことは、それが韓国の悲劇を生んでいる、といっても過言ではない。

「金大中の時代が一番希望が持てた。息子には韓国籍であることに拘るな。帰化してもいいぞ、といっている」(在日二世)

日本で生まれ育った韓国籍の人が一番、母国の恥部を分かっている。

■  [PR]
中国やインドでは良く見かける光景だ。
自転車やトラックにの荷台にこれでもか、というぐらい荷物を満載。そういう国なら道交法もあったものではない。

ところが、この写真は外国ではなくれっきとした日本なのだ。
ホームセンターに中古の自転車を回収に来たトラックで、2人の黒人が実に手際よく自転車を積み込んで行った。

これ、高さ制限に引っかかったりしないのか?

間違いなくパトカーに止められるはずだ。

■  [PR]
先日、何年振りかで一風堂へ行った。

そして、システムが少し変わっていることに驚いた。
大好きな高菜がテーブルの上にない。高菜が欲しければ従業員に声をかけなければならない。

もちろん、従業員に高菜をリクエストしたのだが、「えらいセコイことしよったな」と内心思った。
なぜなら、やはり食べ放題のホットもやしはテーブルの上にあるのに、大好きな高菜がないのは、食われ過ぎ防止のためかと思った。

どうして、そんなことになっているのか気になってしかたなかった。

で、本社にメールで問い合わせたところ、夜、担当者から事情説明の電話が入った。

何でも食中毒を防ぐために冷蔵庫に保管するようにしたためだった。

高菜は漬物なのだから傷むこともないだろうし、テーブルに置いていても問題はないはずだ。

食品衛生のための措置だがそれよりもケチクサイイメージになった方が問題だと思うのだが。

一連の食にまつわる問題が発生したために、企業も危険を回避するために防衛に入っている。

リスクマネージメントは客には迷惑な話だ。



■  [PR]
値札にはアールスメロン。
商品のパッケージにはマスクメロン。

この違いは何か?

アールスメロン=マスクメロンのようで呼び名が違うだけのようだが、問題は表記を統一できていないところ。

ま、メロンやスイカは買っても食べないし、特にスイカは目の前にあっても食べないので無縁なことだが、表記は統一すべし。

こんなこともできないスーパーは、いつものスーパー。



■  [PR]