身内の社員からも評判が悪いのが沢口靖子を使ったテレビCMだ。
「あんなお為ごかしのCMは見ていて恥ずかしくなる」という不満が漏れる。

「あんなきれいごとで仕事をしている社員なんかいない。あのCMは一体誰に向けているのか、さっぱり分からない。少なくともパチンコを知っている人には響かない。パチンコ業界を知らない人が見たら、医薬の三共だと思っている人もいる」と切り捨てる。

社員からも不満が出ているように、確かに、何がいいたいのか、よく分からない。

パチンコ業界でもメーカーを目指す学生を対象にしたリクルート用のCMともいえなくはない。

そもそも、ナゼ、旬をとっくに過ぎた沢口靖子なのか。

マルハンのCMが、和田アキ子から新人の無名の女性タレントに切り替わった。

今回のように無名のタレントが採用されると、枕営業でもしたのではないか、とうがった見方をされる。

沢口靖子もその部類に見えてくる。


■  [PR]
スーパーのほか、食品メーカー、パチンコも経営している企業へ入社して数年。本人はスーパー部門だったので、全く気が付かずに入社してしまったのだが、最近この会社が在日企業であることを親せきがネットで発見して、その旨を当人に伝えた。

しかも、先代は総連を作った時の立役者であったことを知り、ショックを受けている。

総連を作った立役者となれば、北朝鮮への貢献度も高いことは容易にわかるというもの。こんな会社で働いていて不安になり、先輩社員にそこのところを聞いた。

今の社長になってからは、総連を離れ、韓国籍にしているとのこと。

それを証拠にそれまでは朝鮮料理という看板を掲げていたが、脱北してからは、看板を韓国料理に書き換えていることを教えた。

本人は日本人だが在日企業で働いていて結婚が不安になってきた。

この企業は実際、在日が多く働いており、日本人女性と在日男性が結婚することになったが、女性の親が警察官で猛反対にあい、破談になったこともあるようだ。

就職するときに深く調べることはなかったとはいえ、焼き肉のたれやパチンコ店をやっていれば、分かるというものなのだが。

パチンコ業界で働いているのは日本人の方が多いのだから、そう不安になることもない。



■  [PR]
大手スーパーの副店長が平社員に降格された。そして、結果的には会社を自ら辞める羽目になった。

何があったのか?

スーパーは全国展開している。地方の店舗で事件が起こった。

バアさんがやって来て、店舗にクレームを付けてきた。その対応に出たのが、当該の副店長だった。

バアさんを見て、バアさんの戯言、といい加減なあしらい方をやった。

何と、そのバアさん、この大手スーパーの名誉会長の奥さんだったことから、本社の上層部まで事の次第が伝わってしまい、あえなく、降格となった。

どんな客でも、見た目で判断して対応したらダメ、ということなのだが、これにまつわる話をもう一つ。

自動車ディーラーのショールームへ、小汚いつなぎを着たジイさんがやってきた。日曜日で客でにぎわっていたので、営業マンは身なりが汚いジイさんを誰も相手にしようとしなかった。

お鉢が回ってきたのは新人の営業マンだった。先輩社員が目配せで「お前が行け!」と威圧した。

新人社員は、懇切丁寧に対応した。そしたら、このジイさん、運送会社の会長で自家用車を買いに来たのだが、担当した営業マンは自家用車はもちろん、その後、業務用の車を何十台も買ってくれる上得意になった。

客を見た目で判断してはいけない典型例だった。


■  [PR]
朝鮮大学校は総連のエリート養成校ともいわれていたようだが、そこの卒業生は卒業後も硬い絆で結ばれている。

40代の卒業生が集まって拉致問題の話になった。

「拉致問題はおやじの世代で清算して欲しかった。全員帰して禊をして欲しい。拉致しておいて、さらにたかるのはおかしな話。だから総連からどんどん離れて行く」

これが本音だ。

今では朝大へ行ったことを後悔している。本音で総連を批判しても離れられないからだ。

拉致には総連関係者も関わっていたようだが、工作員を匿った企業もある。その名前が出てくることを戦々恐々としているとも。

金日成主席没後20周年の追悼式に総連幹部は、上納金が少なかったために、出席することができなかった。それほど、組織も弱体化している、ということだ。




■  [PR]
事件はホールの男子トイレで起こった。

そのホールには個室が和式1つ、洋式が1つあった。

客が便意を催した。便座に尻を付けるのが嫌いなので、和式の方を選んだ。ところ生憎塞がっていた。

客は和式でなければできないので、暫く待つことにしたが、10分経っても、20分経っても出て来ない。

客からの苦情を聞いてホールが動いた。

ドアをノックしても反応がない。

ホールのトイレは負けた客の腹いせで一番被害にあう場所だ。中からカギをかけて天井から出て行くケースもある。

下から足元を覗いてみると足はある。

「お客様、大丈夫ですか?」と声をかけてみたが、やはり反応はない。倒れている気配もない。

この間1時間。

用を足したかった客は洋室へ入った。

和式を占領していた客がトイレから出てきたのは何と6時間後だった。

20代の若者だった。

6時間も何をしていたのか、と問い詰めた。

すると意外な答えが返ってきた。

「友達4人と賭けをしたんです。トイレに5時間以上こもったら、1人1万円、全部で3万円もらえることになっていたんです」と籠城理由を明かした。

賭けは籠城するだけではなかった。1時間に1回、自分で慰めるのが条件で、しかも、その様子を動画に納めなければいけなかった。

店側は本当かどうか、動画を提出することを求めた。

すると、実際に自分でしごいている動画が収められていた。

6時間もトイレを占拠されて業務妨害で訴えたいところだが、友達の1人が常連客だったので無罪放免となった。

3万円のために6時間トイレにこもり5回もしごくとは…

ただただ呆れるばかりだった。

■  [PR]
知り合いのウィルコムユーザーには案内メールが来た、というが、ウィルコム歴17年の自分のところには来ていない。
17日付でウィルコムがイー・アクセスと合併してワイモバイルに社名を変更した、というではないか。

95年の創業時はポケット電話。その後DDIポケット、ウィルコムと社名の変遷を経てのワイモバイルだ。

ウィルコムといえば、月額980円のオプションで、10分以内なら他社ケータイや固定電話に電話してもただを売り物に、契約数を増やしていた。ところが、ドコモの逆襲が始まった。2700円で10分縛りもなく、かけ放題プランを発表してきたものだから、事実、ウィルコムは終戦を迎えていた。

ウィルコムは月額1500円のプランで、かけ放題に対抗したが、2台持ちのメリットも薄れていた。

その危機感が、イー・アクセスとの合併を踏み切らせたのだろう。

熱狂的信者が見放したとき、ウィルコムは終焉を迎える。

しかし、これはデフレ戦争の弊害である。

ケータイキャリアは成熟した市場のパイの奪い合いをしているだけ。そのために、利益を削って契約者数を奪い合っているだけだ。

安く使えることはユーザーにはありがたいことだが、回りまわれば、そこで働く社員の給料は上がらない。

松屋が牛丼の値下げ戦争に楔を打つべく、290円から380円へ90円の値上げをした。

元々牛丼は食べないが、90円の値上げで客離れが加速するようでは、日本の景気は回復しない。

建築現場では職人不足から日当が素人でも1万5000円、職人なら3万円に給料が上がっている。建築現場で働く人は、この先何年も建築の仕事はたんまりあるので、将来に不安がないから、4円のMAX機を打つようになってきている。

庶民の世界では建築現場から景気が回復してきている。

ケータイキャリアのようにいつまでもデフレ競争をしている場合ではない。


■  [PR]
福島原発の作業員の日当が2万円、と書いたがそれをはるかに凌駕するアルバイトがあることが分かった。

なんと時給が7808円だ。日給ではなく、時給だ。
8時間労働なら日給6万2464円だ。

福島は直接雇用なら5万円ともいわれているが、それよりも楽な仕事で高給がもらえる。

一体、どんな職業なのかと気になるが、これがコンビニバイトだった。

募集広告を見ると、間違いなく7808円と書かれている。

これは、電話取材してみるしかない。

案の定というか、単なる校正ミス。

「4月から募集広告を出していますが、誰も気づきませんでした。ありがとうございます」(店長)

気が付かないというのも、問題だが、まったく応募もない、というコンビニバイトの厳しい現実が明らかになった。

24時間便利に使える一方で、多数の犠牲の上にコンビニは成り立っている。その犠牲の部分を嫌がるのが現代人。

景気が回復してくれば、深夜帯の労働力を確保するのはさらに困難を極める。

東京のコンビニ従業員は日本人より外人の方が多い。



■  [PR]
東京都下。

某市。

近くに競馬場がある。

その地域で代々続く地主の話。

今はファミレスのほか、数店舗のテナント収入と駐車場収入だけで月額800万円も入ってくる。土地の賃料だけで年間、9600万円も入ってくる。

平民には夢のような話だが、金持ちには金持ちなりの悩みがある。

金持ちとセレブは違うものだが、この大地主さんの悩みは、やることがないので「暇」。

で、どうしているかというと、奥さんはパートタイマーに出ている、という。食うのに困って働くのではなく、何もしないことの苦痛から働きに出ているのだ。

さらに、親が働いている姿を見せる、という意味も込められている。

地主は3代続いたら終わりだ。

莫大な相続税で、最終的には物納して、土地を切り売りしながら、やせ細っていく。

田中真紀子は角栄から相続税で目白御殿の土地を切り売りしたっけ?

相続税対策には、テナントビルを建てた方がいいかもしれない。

■  [PR]
個人情報で一番高く売買されているのは、医者かと思ったらキャバ嬢の情報らしい。

キャバ嬢の寿命なんかそんなに高くないのに、普通の名簿が10円単位の世界に対してキャバ嬢は1000円単位とか。

理由は高額商品を買ってくれる格好の材料らしい。

ベネッセの名簿が大量流出した背景には、小学生の名簿は、中学、高校、大学へ進学するまで節目ごとに使えるので、重宝するようだ。

個人情報保護法が施行される前は、それこそ、高校、大学の卒業名簿も簡単に手に入った。それを元に営業をかけたい会社が存在するから、名簿が売れるわけだ。

以下は大量の名簿を流出させてしまったベネッセのわび状だ。

元マクドナルドの原田泳幸社長の名前が泣いている。この窮状を立て直すために、原田社長は被害のあった家庭へ家族の人数分のマクドナルドを送ったりするのだろうか?


2014年7月10日

【重要】 個人情報漏えいについてのお詫び

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

このたび、 弊社内で調査を行ってきた結果、 このご案内をお送りしている過去にご受講いただいたお客様の個人情報が、漏えいしていることが判明しました。7 月 9日に個人情報漏えいについて、外部に公表させていただきました。お客様より弊社を信頼して預けていただいている個人情報の管理には万全を期しておりましたが、 このような事態を発生させてしまい、深くお詫びいたします。誠に申し訳ございません。

なお、現時点では当該データベースを停止する等の緊急安全対策を完了しております。 この点についてはご安心頂ければと存じます。

1. お客様情報漏えいの概要
本年6月下旬から、通信教育事業を行う IT事業者からのダイレクトメールが、弊社お客様宛てに届き始め、お客様からのお問い合わせが急増しま した。 弊社のお客様リス トに基づいて営業活動がなされ ている懸念があったため、 調査を開始しま した。

調査の過程において、 調査会社を経由して、 名簿事業者が弊社のお客様の個人情報を含むと思われる リス トを扱っているとの情報を入手しま した。 リス トを入手の上、 弊社が保有しているデータ とマッ チングさせた結果、 弊社しか保有していないデータが含まれており、 かつ名簿の大半の情報が弊社デー タ と一致したことから、 弊社が保有するデータが漏えいした可能性が極めて高いと判断しま した。 このよう な状況を受けて、当該お客様情報の漏えいルー トについて、社内調査を進める中で、特定のデ... タベースからお客様情報が何らかの形で外部に持ち出されていたことが判明しま した。

弊社では、 弊社お客様宛てにダイ レク トメールが大量に届き始めて以降、 お客様からのお問い合わせ が急増したタイ ミ ングで警察および監督官庁である経済産業省へ相談を行っておりま した。
今般、 お客様情報の漏えいの事実が確認され、 警察による捜査が開始されており ますので、 今後の原 因究明は警察に委ね、 弊社は警察の捜査に全面的に協力し、 情報漏えいの原因や経路について、 全容 解明に取り組んでまいります。

2. 漏えいしたお客様情報
漏えいしたこと確認された情報項目は以下の通りです。
●郵便番号
●お客様 (お子様とその保護者) のお名前 (漢字およびフリガナ)
●ご住所
●電話番号 (固定電話番号または携帯電話番号)
●お子様の生年月日 ・性別

クレジットカード番号・有効期限、 金融機関の口座情報、成績情報などの前述項目以外の漏えいは確認されておりません。

3. 原因究明の調査について
社外からの不正アクセスについて、過去に遡ってその可能性を検証しましたが、 お客様情報の漏えいにつながる不正アクセスによる異常は発見されておりません。

弊社システムについては、24 時間、大手の情報セキュリ ティ専門会社により不正アクセスの監視を行っており、過去に遡って不正アクセスの有無を再確認し、異常がなかったことを確認しております。

社内調査により、原因として、弊社グループ社員以外の内部者 (データベースにアクセスできる権限を持つ者) の関与を推定しており ますが、すでに警察の捜査も始まっており、 捜査に支障が出る可能性があるため、詳細については、開示を控えさせていただきます。今後、警察の捜査によって、本件の漏えいおよび拡散に関するルートの全容が解明されることを強く期待しております。

4. 弊社のセキュリティ対策と再発防止策
弊社は、ISMS (情報セキュリティーマネージメントシステム) を取得しているグループ会社・㈱シンフォー ムでシステム運用を行っております。また、個人情報の取り扱いについては、社員全員への教育を行い、各組織に個人情報責任者を設置する等、運用ルールの徹底を図っております。 加えて、定期的な外部 監査も受け、 プライバシーマークを取得する形で個人情報を取り扱っております。

しかし、弊社の特定のデータベースから情報が漏えいしたことは事実であり、早急な原因究明とともに今後、セキュリティを強化するため、以下の対策を講じてまいります。
〈今回情報が漏えいしたデータベースについての再発防止策>
・ 当該データベースの稼働を停止する(対応済)。

<抜本的な情報セキュリテイ強化のための対策>
・全てのお客様情報を扱うデータベースについて、アクセスの監視強化と外部への持ち出しの制限の強化 (アクセス権限の絞り込み、運営の厳格化、外部専門機関を活用した常時監視等) を実施する。
・情報セキュリティ専門会社によるシステム運営プロセス監査を実施し、システムのあらゆる脆弱性を把握し、社長を最高責任者とする情報セキュリティ対策強化の特別チームにより、速やかにガバナンスの強化を含めて、取組計画を策定・実行する。

5. お客様への対応について
弊社では、お客様情報の漏えいの原因究明と漏えいした情報が悪用されることによるお客様の二次的 被害防止を最優先して取り組みます。今回、お客様情報が漏えいしたデータベースの稼働を停止することで、さらなる漏えいを発生させない措置が完了しております。

現在弊社サービスをご利用いただいている方へのサービスの提供、サポー トは継続いたしますが、通信教育サービス等の新たなお客様への販売促進活動は、今後、情報セキュリティ専門会社による監査 において安全性が確認されるまでの間、停止いたします。

お客様におかれましては、ベネッセコーポレーションからと誤認させるようなダイレクトメールや、しっこい勧誘や詐欺まがいの電話などには十分ご注意いただきますようお願い申し上げます。

今後も調査の進捗について、新たにお伝えすべき状況になり次第、ホームページにて随時ご報告を行ってまいり ます。ご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ございません。何かお困りのこと等ございましたら、お問い合わせ窓口までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

これからはさらに安全に配慮し、これまで以上にご満足いただけるサービスの提供につとめてまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。このたびは多大なるご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

株式会社ベネッセホールディ ングス
代表取締役会長兼社長 原田 泳幸
株式会社ベネッセコーポレーショ ン
代表取締役社長 小林 仁
お問い合わせ先 :個人情報保護窓口
0120-924721(受付時間10:00~21:00)
※土日 ・祝日も受け付けております
■  [PR]
野々村元号泣県議がヅラであることが分かった。
これまで、数々のヅラを見分けてきたが、号泣元県議だけは分からなかった。脱帽だ。

となると、次の段階はどこの製品を使っているかだ。

これぐらい精巧なヅラだと乗り換えたい、と思っている人も少なくないはずだ。ののちゃんと同じものが欲しい、と思って人もいるだろう。

ヅラメーカーにすれば、絶好の宣伝のチャンスだ。

ところが、ここに大きく立ちはだかるのがプライバシーの問題。

念のために業界最大手に電話を入れてみたが、案の定の返事。

「分かりかねます」

そりゃ、最も秘密にしなければいけないことなので、しゃべられるわけもない。

ここはののちゃんからメーカー名を発表してもらうしかない。

■  [PR]

< 前のページ

次のページ >